パラレルワーカーの働き方メリット、デメリット


こんにちは、シフクです。

パラレルワークは複数の収入源をもち、1つのビジネスに依存しない働き方になります。

これからの日本の経済状態を見ると、1つの会社に勤めていても昇給が難しく、いきなり早期退職を促されたりする始末です。

自分がしたい生き方、ライフスタイルをしていく上でとても重要になってくるスキルになります。

自分の収入は自分でコントロールしていくものなのです。

パラレルワーカーの働き方メリットについて書いていきます。


1. パラレルワーカーとは?

まず、パラレルワーカーの前提として「副業」ではなく「兼業」や「複業」になります。
個人事業もこれに該当しますね。

要は、会社員としての所属はそのままに、他の仕事にも精力的にもフリーランスとサラリーマンの良いトコ取りをする考え方です。

日本ではほぼ認知されていないのではないでしょうか。最近では副業解禁が様々な会社で行われるようになり、認知されつつあります。


2. パラレルワーカーのメリット、デメリット

パラレルワーカーで働くにあたり、メリットもあるのですが同時にデメリットも感じる部分がありますので、それらを経験談踏まえて書いていきますね。


2-1. メリット

新しいことを始めると、いいことたくさんあります。色々とみていきましょう。


2-1-1. 収入源が複数でき、年収UP

単純に考えて、2つの収入源になります。そうすると今の会社で働きながらもう1つの会社と契約して仕事をする事になるので、単純にその分の収入が増えることになります。

会社員の昇給の場合だと、1年で多くても2〜3万程度でしょうが、複業の場合は働き方にもよるのですが、月に10万、20万くらいは一気に上がります。


2-1-2. 関わる人が増え、人脈がふれる

仕事の間口が2つになることで、関わるメンバー数も単純に多くなります。また、違うジャンルの仕事をやる場合は、今自分で働いている業界の人とは違う職種の人と知り合うことによって、人脈を増やすこともできます。

パラレルワーカーの方は、独立を視野に入れてる方も多いので、その人脈のつながりの広がりは、そのときに有用に活用できるでしょう。


2-1-3. 経験が増え、視野が広がる

様々な人と仕事をすることで視野を広げたり、新しい考え方、作業の方法も勉強することができます。多少負荷がかかるかもしれませんが、そのことで自分の成長スピードも早めることができるでしょう。


2-2. デメリット

いいことしか起こりえないと思っていたのですが、実際取り掛かるとなにかとデメリットも発生してきますよね。

2-1-1. 収入源が複数でき、年収UP

単純に考えて、2つの収入源になります。そうすると今の会社で働きながらもう1つの会社と契約して仕事をする事になるので、単純にその分の収入が増えることになります。

会社員の昇給の場合だと、1年で多くても2〜3万程度でしょうが、複業の場合は働き方にもよるのですが、月に10万、20万くらいは一気に上がります。


2-1-2. 関わる人が増え、人脈がふれる

仕事の間口が2つになることで、関わるメンバー数も単純に多くなります。また、違うジャンルの仕事をやる場合は、今自分で働いている業界の人とは違う職種の人と知り合うことによって、人脈を増やすこともできます。

パラレルワーカーの方は、独立を視野に入れてる方も多いので、その人脈のつながりの広がりは、そのときに有用に活用できるでしょう。


2-1-3. 経験が増え、視野が広がる

様々な人と仕事をすることで視野を広げたり、新しい考え方、作業の方法も勉強することができます。多少負荷がかかるかもしれませんが、そのことで自分の成長スピードも早めることができるでしょう。


2-2. デメリット

いいことしか起こりえないと思っていたのですが、実際取り掛かるとなにかとデメリットも発生してきますよね。

なので懸念材料も含めてこれから始める方は十分に検討しましょう。


2-2-1. 時間とタスク管理が重要、時間がない

単純に1つ仕事が増えることになるので、仕事量が倍になります。
なので今まで仕事を1つだけこなしてた時と同じスピードで仕事をしても、倍をこなすことは難しいでしょう。

本業の仕事の進め方含め、スケジュールの立て方を根本から見直して取り組む必要があるでしょう。


2-2-2. 仕事が増えストレス倍増

仕事が増えることで時間が大きく取られます。そのことで自由に使える時間が少なくなり、ストレスを感じることになるでしょう。

もはやここは仕事が忙しいのは将来のためと割り切ったり、目標を設定した際にはご褒美を発生させたりして、自分を奮い立たせるしかありません。

またそのストレスとうまく付き合って作業スピードを促進させることもできます。

ストレスはうまく使えば、味方になることもあるのでうまく付き合っていきましょう。


3. パラレルワーカーへおすすめの方法

とは言っても何から始めればいいの?ってわからない方もいるかと思います。
ここではパソコンやスマホ1つで簡単にスキルも身につく仕事を紹介していきます。

3-1. クラウドソーシング



様々な種類の仕事を登録1つで、依頼者とうまくマッチングすれば、仕事ができます。
有名どころで言うと、クラウドワークスやランサーズでしょうか。

その中でも、僕が進めるのは、ライティングです。

まだまだWEBサイトはどんどん増えていくしAIに代替されるのも時間はかかります。
また、次の内容にかぶってくるのですが、自身のブログを作る上で仕事しながら学べるので一石二鳥です。


3-2. ブログの収益化

自分のサイトで収益構造を作ることができれば、それが資産にになります。またメディアとして収入を高い水準でキープできれば、それを高値で売却できることもあります。

まあそれは少し遠い先の話かもしれませんが、まずは自身のブログで収益性を持たせるべく、記事をかきコンテンツ化に励みましょう。


4. まとめ

以上、になります。
パラレルワーカーとして働くことには、収入面だけではなく他にも将来的にはメリットがたくさんあります。

しかしながらそれには負荷がかかてくるので、ストレスを感じたりするでしょう。

善し悪しはありますが、やることによて労働に頼らない働き方、不労収入ができる状態に近づくことができます。

少しづつでも自分のなりたいライフスタイルに近ずけるように頑張りましょう。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

共感してもらってうれしいです!
3

シフク

ビジネスのことや、習慣や健康について。自分が体験していることをメモしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。