吐く息が美味しい。


水中で息が吸えるわけない、信じられない。


初めてダイビングをしたのは、友人との沖縄旅行のときだ。
自分から体験に申し込んだくせに、水中で呼吸をするアクティビティに心底ビビっていた。


本格的に潜る前の練習では足を付けて水中で呼吸をするが、過呼吸気味になってしまう。
上手く息を吸えずに顔を水面から離す。

「落ち着いてゆっくり息を吸ってみましょう!」

インストラクターは慣れた口調だ。
今まで何十回と同じ対応をしてきたのだろう。


言われたとおり、水中でゆっくり息を吸って吐いてを繰り返すと、だんだん落ち着いて状況が掴めてくる。

あっ、本当に息ができた...!

練習も終わり、いよいよ体験ダイビングへ。

しっかり目を開けて水中世界に足を踏み入れると、沖縄の海というロケーションもあって、その美しさに圧倒される。


無重力となる水中で自在に動き回れる開放感。

水面に浮かぶキラキラした陽の光。

魚たちとも目が合う。


水中にいるだけで全てが綺麗に見えて、気分も落ち着いていく。
生きている」と強く感じた。


人は呼吸をしなければ死んでしまう。
そんな当たり前のことを意識させられる。

ゆっくり息を吸って吐いてを繰り返すと、自然と水中で深呼吸することになる。
リラックス、集中、癒し、心地よい...

でも、ここで呼吸止めたら死んでしまう。
だから緊張感もある。


それまで何も考えず、頭空っぽで生きてきた。
「人生って意外とつまらない」と冷めていて興味を持つものが少なかった。

ダイビングのおかげで生きるための呼吸を思い出した私には、心の底から「もっとやりたい!」と思った経験だった。


旅行中だったが、早く帰ってライセンスを取得することだけを考えてしまう。

そして、沖縄から帰ってきて1ヶ月以内にダイビングのライセンスを取得して、私は正式にダイバーとなった。

呼吸の質が変わる

ライセンスを取ってからは、ダイビング漬けの日々。
ダイビングショップの常連となって、人と会って話してダイビングスキルも磨いた。


磨いたスキルを使って水中でやるクセがある。

水中の中層で、仰向けになってバランスを保ちながら、キラキラ輝く水面と太陽をボーッと見ること。

そして深呼吸をする。
生きている」とまた感じられる。
幸せな気持ちになるのだ。

呼吸をいう当たり前の行為で幸せになるダイビングは、心底楽しかった。


ダイビングを始めてしばらく経つと、自分の器材が欲しくなる。
レンタル品は自分に合っていない場合があるし、毎回借りるのはコストもかかる。

しかし、ダイビング器材は高い。
全部合わせたら、30万以上はする。

だが、ダイビングショップの常連だったおかげで、未使用の中古品を格安で譲ってもらった。
そこそこハイグレードな器材。


始めて自分の器材で潜ったとき、衝撃を受けた。


吐く息が美味しい...


味ではない。なんというか、息を吐く過程が心地よいのだ。
だから、美味しかった。何度も確かめるように呼吸する。

ブクブク...と息を吐くたびに気持ちが良くなって呼吸の質が上がったのを感じる。


なぜか?


今まで使っていたレンタル品、基本はどのショップも安い器材を使っている。
レギュレーター(口に咥える部分)は安い器材だと、息を吐くときに少し抵抗を感じる場合がある。

ハイグレードなレギュレーターのため、その抵抗を感じなかったからスムーズに息が吐ける。
だから、心地よく感じたのだ。


自分の器材は呼吸の質をさらに上げてくれた。
ますますダイビングにのめり込んだ瞬間だった。




私の人格はダイビングを通して、再び息を吹き返した。

退屈な日常も、失っていた好奇心も全てダイビングで取り戻せた。
ダイビングきっかけで様々な趣味や学びを始められて、水中の世界には感謝している。


だから私は水中写真を撮って、ダイビング・水中の凄さや魅力を伝えていく。
海には人を動かす魅力があると信じて。


今は水中写真で伝えているが、宇宙と同じぐらい未知の海だからこそ、もっと深く知る活動に貢献したい。

これからも潜り続けて、仰向けで水面を見ながら海に貢献できる方法を模索していくだろう。



あなたも陸上で息苦しく感じるなら、水中に来れば良い。

水中の方が息苦しくないのだから。


最後に。

ダイビングを初めてやると、私と同じように過呼吸気味になってしまう方もたくさんいます。

そんなときによく効く対処方法をシェアします。

①水中に潜ったら目を閉じる
②ゆっっっくり深呼吸して自分の呼吸音を聞く
③息を長く吐くことを意識する
④呼吸が整ったら目を開ける

以上の4ステップを実践してみてください。
初めての水中は怖いので、息をたくさん吸いすぎてしまうのが過呼吸の原因なんですね。

特に③の息を長く吐くことを意識すると、自然と落ち着いてきます。

この方法ブランクダイバーにも有効ですよ!
※あくまで自己流です。


お仕事やお問い合わせを募集していますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。
参考:お仕事の詳細と料金表


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 いただいたサポートは写真の表現活動に使わせていただきます! SNSでのシェアや感想も大歓迎です。

4

紘|ヒロ

オタク的なフェティシズム

好きでたまらないモノが「なぜ好きなのか?」を言語化して、深掘りすれば、他の物事に応用できる。 私の「フェチ」を通して、アイデアや気付きをお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。