ポルトを歩いて気付いた「余白時間」の大切さ


コワーキング、近くを取るか?景色を取るか?
私はどちらを選ぶか悩んでいる。


バルセロナの試住を終えて選んだ次の滞在先は、ポルトガルのポルト。
暖かさ・物価の安さが魅力だったが、一番の理由は「スペインとの違いを感じるため」だ。

期間はまたしても1ヶ月間。
現地の暮らし・生活を味わえるちょうど良い期間だと思っている。


今までどおりのリモートの仕事と写真事業を強化するための準備で、コワーキングを契約してガッツリ取り組もうとしていた。
いくつか視察をして、本格的に使う場所を決めようと。


参考:バルセロナ試住体験レポート

街全体が世界遺産の「ポルト」

ポルトの一部の地区は「ポルト歴史地区」と呼ばれて世界遺産になっている。
ヨーロピアンな建物が並び、歩いているだけでワクワクしてくる素敵な街だ。

スランプ気味だった写真も、夢中でシャッターを切ると不調であることも忘れる。


そしてすぐに日替わりでコワーキングを試していく。
1日使ってみると自分に合っているコワーキングかわかるようになる。

私の基準はコレ。

①適度に交流できる
②コミュニティマネージャーの人柄・やる気
③長時間作業に集中できる環境(椅子の硬さ・雰囲気)

海外に住んで自分の居場所(コミュニティ)の中心がコワーキングになるので、結構慎重に選ぶことにしている。


ポルトでは「Porto i/o」というコワーキングが市内に4店舗持っていて私の中の基準もクリアので、そこを選ぶことにした。

4店舗あるし、どこも居心地が良かったので困ったが2つに絞った。

①最も近い、でも他の要因はそこそこな店舗
②ポルトの景色が一望できる素晴らしすぎるロケーション、でも片道徒歩30分で帰りは坂道が続く

悩んで②を選ぶことにした。
わかりにくいがバスもあるし、良い運動にもなるし。

あとは「余白時間」が欲しかったのもある。
歩きながら考え事をしたい。


独立してフリーランスになって、およそ半年。
毎日仕事していたし、オフは作ったが完全に仕事をしない日はほとんどない。

「成長できていない」
「お金がなくなるかも」
「ダメな自分に戻ってしまう」

常にこんな不安が付きまとうからだ。
「あ〜いまツラいんだなぁ」
と心が折れそうにだってなる。

その分、自分で道を切り開いている実感はあるし、ダメな自分を受け入れているからもっと成長したい欲求もある。

そして、なんだかんだこの状態が楽しい。


だが遊んだりリラックスの時間はあっても、頭をリセットして考える「余白時間」を作っていなかった。
考える時間が欲しかった。


会社員時代も会社の近くに住んで通勤時間を減らしていたし、移動時間は無駄だと考えていた。
でも、今は必要だと感じるのだ。

だから、コワーキングに通う時間を「余白時間」に充てることに決めた。

坂の街を歩き回ってみる

その店舗を選んだ結論から言うと、「選んで良かった」だ。

適度に交流があって友達もできたし、動画を一緒に作るプロジェクトも始めたし、素敵な景色に囲まれてリラックスしつつ集中できた。


毎日同じことを繰り返した。

朝、今後の計画やクリエイティブなことを考えてポルトを歩く。
昼、コワーキングで集中する。適度におしゃべりして休憩する。
夜、1日の反省と改善策を立て自分への活力にしてポルトの坂を登る。

運動不足もあって、最初の頃は帰りの坂道がツラかった。
1回だけUber使った。1回だけ...


慣れると「この習慣いいなぁ」と気付いた。
強制的に考える時間を作らされる。

治安が良いとはいえ、海外なので音楽もスマホもなし。
ただただ歩くのは暇だ。
だから考える。

「写真の事業どうしよう」
「井の中の蛙になっていないか」
「貴重な20代はどんなスキルと経験を積もうか」

希望から不安まで、フラットに考える。
昼に時間をきっちり取って考える時間を作ったりするけど、それとも違う。


俯瞰視点で物事を考えられる。
歩いている頭の上に違う自分が立っていて、見ているようだ。

冷静に事実として受け止めて考えられた。
運動で血の巡りが良いからかな。

余裕がないときこそ余白の時間を作る

ポルトで得られたものの一つが「余白時間の大切さに気付いたこと」だ。

独立してから(今も)余裕が全くない自分にとって、冷静に考えたり振り返りをする時間は必要なこと。

毎日その日の計画と振り返りを日報に書いているが、それとは別だ。


前のめりに走っていて、今にも転びそうになっている自分を、転ばない姿勢に立て直してくるのが「余白時間」。

どのフォームがゴール(目標)に近いのか、考え直せる。
余裕がないと上手くいくことも上手くいかない。

でも手は抜きたくない。
そのためにも強制的に「余白時間」を作ったのは良い選択だった。


だから伝えたい。

遠くを選ぶのも無駄じゃない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 いただいたサポートは写真の表現活動に使わせていただきます! SNSでのシェアや感想も大歓迎です。

6

紘|ヒロ

20代後半が考えるオピニオンコラム

20代後半に差し掛かり、30代に向けて成果を残そうと苦悩する等身大のオピニオン。 海外生活や暮らしの中で得た教訓や気付きをコラム形式でお届けします。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。