秋田 洋和

教育クリエイター,著者,進学塾講師(数学)。高校への数学(東京出版)にて図形メイン記事を連載。難関高校受験生向けの数学教材など,自分が持つコンテンツを随時公開していきます(無料・有料あり)仕事詳細はhttp://akita-hirokazu.com/

「公立中学なんてダメよ」という声が聞こえなくなってきた理由

仕事柄,多くの保護者の方々と話をする機会がありますが,「公立中学校に対する不安・不満・ダメ出し」を口にされる方が減ったという実感を持っています。わが家の子どもたちが小学生だった2000年代前半には,多くの保護者が不安を口にし「ゆとり教育への自衛」を中学受験への動機としていたものです。あれから15年弱,保護者の評価がどのように変わったのか一目でわかる興味深い調査結果が発表されました。

●大きく変わ

もっとみる

中学入試で増え続ける「英語入試」

2019年1月10日,埼玉を皮切りに首都圏の中学入試がスタートしました。
多くの受験生が自分の未来に向かってチャレンジしていますが,その中身は近年様変わりしつつあるようです。
 その筆頭が「英語入試」で,ちょうど1年前になる2018年度には,首都圏中学入試で「英語入試」を実施する私立中学が3ケタの大台に到達しました。これは首都圏私立中学の3分の1を越えており,わずか4年で実施校は7倍に増えているの

もっとみる

高校で始まる新科目「公共」って御存知ですか?

2022年度から高校で実施される(2019年春に中学入学する世代が高校生になるタイミング)新しい学習指導要領の改訂案が公表されています。大学入試改革とあわせて高校の教科・科目が大きく変わることを御存知でしょうか。今回は小中学生で学習する「社会科」がどのように発展していくのか,その1点に絞ってご紹介していきます。

新科目『歴史総合』『地理総合』の衝撃

 小中学校で「社会科」とした学習した内容は,

もっとみる

『即効!難関高校受験対策54』サンプル動画(4)

即効!難関高校受験対策54のサンプル動画(4)

「放物線と相似」の融合問題のうち,大きく差がつくパターンの紹介動画です。知っている人と知らない人とでは作業量に大きな差がでます。出題履歴は多数なので,類題を解いておくとよいでしょう。2018年筑波大附属の的中情報(大問1)も御覧ください。

『即効!難関高校受験対策54』サンプル動画(3)

即効!難関高校受験対策54のサンプル動画(3)

一般的な公立中学生では学ぶ機会のない「傍接円の性質」ですが,高校入試では公立・私立を問わず関数の問題とセットで出題されるケースが多く,大きく差がつくポイントになっています。

『即効!難関高校受験対策54』サンプル動画(2)

即効!難関高校受験対策54のサンプル動画(2)

慶應志木高で1988年に出題された文章題(比の利用)です。数値替えの問題が2006年にも出題されており,そろそろもう1回(?)