見出し画像

指導者側が見落としがちな要素

講話型よりも議論型指導の勧め

以前にも少し触れたのですが、日本の(英語)教育が少しでも良くなるならと願って書いてみます。

私が講話型に併行して議論型授業(brainstorming含む)をと提案するのは、1度の指導内容の伝わり方と習熟度が200%違うからです。

つまり、生徒たちの思考する力を活かさず、どんなに有名で優れた先生が授業を講話的(一方的)にしても効果は限定的ということです。

具体的に言いますと、答えを知っている上でそこに至るまでの解説スキルは様々でそれが上手い指導者が生徒たちからの支持を得られカリスマ化され予備校側からの評価対価も高いと思います。何も間違っていません。

でもここで止まるのはあまりに勿体ないのです。

なぜ生徒たちの潜在力を引き出すための議論や話し合いを授業内でしないのでしょうか?

これは教師や講師のみならず、何かを指導する立場の人たちが意外と見落としている要素です。習う側の人たちが話し合い考える時間や機会が1回のlesson内では不可欠なのですが、まだあまり普及していません。

一気に生徒たちの目が変わり、活気が出て色々な意見も出ます。

画像1

講話型よりも議論型指導のパワー

"私の偉い尊い話をおとなしく聞きなさい!"のようなマナー講師のおばさまを時々TVなどで見ますが、それはその人の価値観の押しつけでその場限りのものです。

狭い空間の中で本人は偉くなったと勘違いする程度ではプロとは言えず、ただの"説教者"でお金を頂くレベルではありません。

指導する者はカリスマでも神様でも何でもなく、いわばプレーヤーたちが間違った方向に進んでいないかを見て修正するコーチ役なのです。

時に正解がないところへの挑戦になる時もあります。

これは日本の少年野球の監督さんをはじめ、ピラミッドのように上に行っても多くの分野でまだまだ行われている指導スタイルではないでしょうか!?

その結果、生徒や選手を委縮させ考える力を奪い、本来の学問やスポーツが持つ考えて実行する「試行錯誤」"try and error"の苦しみ楽しさや潜在能力を奪って潰してしまいます。

逆に、そこに気付くことが出来れば、今夏高校野球優勝校の監督さんのように別人の指導者になれるのではないでしょうか!?

不祥事を機に指導スタイルを180度変えましたと。

画像2

一つの実例

指導者ではない話ですからポイントは少しズレますが、私の近所にボランティア活動でマジックショーをショッピングモールなどで定期的に行っている方がいます。

ある時、その方から、「多くの人たちの前で話をする仕事もしてるそうですが、何か秘訣がありますか?」と聞かれた時に、咄嗟に100人授業一斉指導の経験を思い出しました。

前半に述べた議論型の応用で、淡々とショーを進めるのではなくて、一度ボール(例えです)をお客さんたちに投げてみてはどうですか。

「1つのネタの途中でこれからどうなると思いますか!?」のように。

すると必ずお客さん同士は話し始め場はざわつき、その内"こうなると思う"などの声も上がり始めた時に、その一旦投げたボール(比喩として)を引き取って、

「実はこうなるんですよ。ご推測当たりましたね or 残念ながら外れましたね」などと1つのネタごとに進めていきます。

そうすると全員がその場所だけではなくショーの中にも参加できたという"一体感"が生まれ、お客さんと演者側もキャッチボールができてとても楽しいショータイムになると思うのですがとお伝えしました。

後日お会いした時、嬉しそうに「バッチリでした!」と言って頂けました。

画像3

指導者は先生というよりコーチ役

マジックショーは一つの例ですが、生徒間にも科目ごとに得意不得意な人がいます。私の場合、英語国語指導ですが、得意な生徒と不得意な生徒を組ませます。

すると苦手な生徒も皆の前で聞きづらいことを相手にどんどん聞きますし、それに答える得意な生徒もまた力をつけていきます。

何故なら、"Teaching is learning, and learning is teaching."だからです。

その各組の話していることの問題点や凄い発想をしていないかを聞き逃さず集約しながら次の問題提起の段階に進んでいきます。

そういう導きやサポートが指導者またはコーチの役割と思って私はこれまで実行してきました。

その土台にあるのが、別の投稿で触れていますが、大学4年時にバスケットのコーチ役をして前期に半ばノイローゼ気味になった経験でした。

脱サラ後共同経営の塾で、進学校の生徒たちからどんな質問が飛んでくるかもしれない恐怖の1年半の授業から学んだことも大きいと思います。

ですから、決して理想論でもアメリカ形式の模倣でもなく、私個人の緊張の連続から生まれた考え方ですから、"オリジナリティー"には自信があります。

少し自慢話になりますが、これも他の投稿で少し触れていますが、私はこのやり方を地元No.1進学塾の経営者と生徒たちから大きな支持を得られ、各教室では机と椅子が足らず立ち見で授業に参加してくれていました。

学卒で理系科目担当で国立大医学部再受験する講師の人たちまでが、毎回出席には参りましたが。

その経営者の方から「時給は私の言い値で夜のみ専属で」という私が後にお断りする夢のような有り難い言葉も頂きました。

指導される立場の方たちに少しでも共感して頂けるところがありましたら、一度ご自分のlessonの中で試されて下さい。

これは多人数だけでなく1対1の個人指導にも使えるメソッドですから。


今回も最後まで読んで頂き有り難うございます。


下記は関連投稿です。




この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

※全身痛再発5年目で外部の学校には指導に行けませんので、サポートは本当に有り難いです。また何らかの形で英語指導の機会を与えて頂ければ幸いです。 HP⇒https://feedback01.webnode.jp/ 福岡県 北九州市 小倉南区

読んで頂き大感謝です!!
14

fb-U受験英語から実践

米国大学院留学を含め1995年から大学受験英語(国語)指導。誰でも理解できる内容です。https://twitter.com/feedbackUeha ご相談はHP⇒https://feedback01.webnode.jp 福岡県 北九州市 ※筋痛症再発5年

留学や受験のエピソード

全て体験談に基づくものですから、留学を考えている人にとって何らかの形で参考になればよいのですが。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。