AFZブラジルフットサルクリニック 開催レポート(2018.11.29)

昨日は、FFC東川口にてAFZブラジルフットサルクリニックが行われました。

講師は真境名オスカー氏。
FIREFOX、VEEX TOKYO Ladiesで日本一に合計7回導いている名将。
全国を駆け回り、各地でフットサル普及活動をされています。

第1部は小学生~中学生対象。26名の方が参加してくれました。
本日のテーマはディフェンスを中心に、フットサルに必要な基礎技術もたくさんトレーニングをしました。
ウォーミングアップは4対1のロンドでしたが、その中でオフェンス、ディフェンスへの細かい指導が入りトレーニングがスタート。

アップの後はパスとトラップの基礎練習。アナリティックトレーニングは最近軽視されがちですが、育成年代では重要なので短い時間でも取り入れたいところ。
インサイドキックの強弱のつけ方、トラップのボールの運び方、目線、姿勢など細かい指導が入り、子供たちも真剣なまなざしで聞いています。

1対1のボールキープ。足の置き場所、ボールの置き場所、腕の使い方。
立ち足の角度などこちらも細かいアドバイスを。
そして本日のテーマ守備についても細かいアドバスが。

ゴールのある1対1のトレーニングで、攻守に細かく指導をした後は
本日のメイントレーニングとなった3対3のトレーニング。


OFにおいては、ボールの運び出しでの2対1の作り方、DFではチャレンジ&カバーの話を中心的にコーチングをしていました。どの選手から攻撃が始まるかがわからないので、しっかり考えて判断をして行かなければならないトレーニングです。
最初はうまくいかなかった子供たちも、アドバイスを聞いて実践していくうちに、徐々にいい形が生まれていきましたね。

第2部は大人の部。12名の方が参加してくれました。

大人の部では、2対2のトレーニングの後3対3+PIVOのトレーニング。
こちらもディフェンスを中心に、オフェンスにおいても細かい指導で改善していきます。対人のトレーニングが多めで、結構ハードになりましたが参加者は積極的に練習に参加していました。


ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
クリニックのダイジェストムービーです(子供編)

AFZジーコフットサルアカデミーのFBページにて写真を公開しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。