ミュージカル『ハミルトン』歌詞解説17―That Would Be Enough 和訳

はじめに

ミュージカル『ハミルトン』は、ロン・チャーナウ著『ハミルトン伝』(邦訳:日経BP社)をもとにした作品である。

物語の舞台は18世紀後半から19世紀初頭のアメリカ。恵まれぬ境遇に生まれたアレグザンダー・ハミルトンは、移民としてアメリカに渡り、激動の時代の中を駆け抜ける。アメリカをアメリカたらしめる精神がミュージカル『ハミルトン』には宿っている。

劇中では、友情、愛情、嫉妬、憎悪など様々な人間ドラマが展開される。ここでは、そうしたドラマをより深く理解できるように、当時の時代背景や人間関係を詳しく解説する。

”That Would Be Enough”

※歌詞の和訳はわかりやすく意訳。

※歌詞の原文は『Hamilton the Revolution』に準拠

Hamilton goes home. Eliza enters. She is visibly pregnant.

解説:ハミルトンはヨークタウンの戦いの前に副官を辞めてワシントンのもとを離れている。以前からハミルトンは一隊の指揮権を与えるようにワシントンに求めていたが実現しなかったためである。

ELIZA:

Look around, look around, at how lucky we are to be alive right now. Look around, look around…

「周りを見てごらんなさいよ、周りを見てごらんなさいよ、私達が今、生きていることがどんなに幸運なことか。周りを見てごらんなさいよ、周りを見てごらんなさいよ・・・」

HAMILTON:

How long have you known?

「君が妊娠しているのを知ったのはいつだい」

ELIZA:

A month or so.

「1ヶ月くらいかしら」

HAMILTON:

Eliza, you should have told me.

「イライザ、君はすぐに私に教えるべきだったよ」

ELIZA:

I wrote to the general a month ago.

「1ヶ月前にワシントン将軍に手紙を書いたわ」

HAMILTON:

No.

「知らないな」

ELIZA:

I begged him to send you home.

「私はワシントン将軍にあなたを帰宅させるように頼んだわ」

HAMILTON:

You should have told me.

「君はすぐに私に教えるべきだったよ」

ELIZA:

 I’m not sorry. I knew you’d fight until the war was won.  But you deserve a chance to meet Your son. Look around, look around, at how lucky we are to be alive right now.

この続きをみるには

この続き:1,663文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
有料記事だからこそ実現できる充実のボリュームとクオリティです。収録されているコンテンツを合計すると文庫本で300頁程度になります。Amazonで紙本としてまとめたものも購入できます(http://amzn.to/2oNQqnl)。

ミュージカル『Hamilton』の歌詞を一つひとつ翻訳解説。単なる和訳ではなく、当時の歴史や社会背景など幅広い視野から読み解く。このマ...

または、記事単体で購入する

ミュージカル『ハミルトン』歌詞解説17―That Would Be Enough 和訳

西川秀和

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!サポートはさらなる内容の充実によって読者に100パーセント還元されます。

consultor homini tempus utilissimus
4

西川秀和

ミュージカル『ハミルトン』歌詞解説―第Ⅰ幕

ミュージカル『Hamilton』の歌詞を一つひとつ翻訳解説。単なる和訳ではなく、当時の歴史や社会背景など幅広い視野から読み解く。このマガジンには第Ⅰ幕の全歌詞が含まれています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。