見出し画像

東京から気軽に行ける廃墟@無人島 猿島(続編)

昔のデータを整理していたら、見つからないと思っていた猿島の写真が出てきました。

先日の猿島の記事はこちら↓

猿島(さるしま)は、神奈川県横須賀市猿島に所在する無人島。東京湾最大の自然島である。島の大半を猿島公園として、横須賀市が整備している。京急本線横須賀中央駅から徒歩と船で約30分、海水浴、バーベキュー、釣り、散策などのレジャーに適する無人の自然島。(Wikipediaより)

アクセスや時刻表など、詳しくはこちら

前の投稿にも書きましたが、この日は小雨が降っていて、京急線横須賀中央駅から三笠桟橋までの徒歩(約15分)が長く感じました。

そして、三笠桟橋からフェリーで10分。

快晴の中をお散歩できると思っていたので着いたときは、「思っていたのと違う~こんなはずじゃない〜」とややテンション低めでスタート。

ですが、少し歩いていると雨脚は徐々に弱まってきて小雨から霧雨に、そして完全に止んでくれました。これは嬉しい。せっかく持ってきたカメラの出番がないかと思った…

この雨上がりのしっとりした雰囲気、もしかしてなかなかいいコンディションなんジャナイカ?(テンション上がる

トンネルを通ったり…ここ実際はもう少し薄暗かったです。

要塞らしい雰囲気。圧迫感ある…

廃墟美というんでしょうか。緑がとっても綺麗でした。苔のしっとり感が美しさを引き立ててくれています。

生い茂った緑と雨上がりの組み合わせが何とも言えない雰囲気です。

レンガと生い茂る植物の組み合わせが確かにラピュタを思わせます。

道は歩きづらいということはないですが、坂や階段がところどころにあり、地味に体力を奪われます。トレッキングシューズとまではいかなくても、長時間歩ける靴でいきましょう。

1段が大きい階段もきついけど、この低くて奥行きのある階段もきつい…

ずっと見上げながら歩いていたので、外が見えると開放感があります。

天気が良ければここから横須賀の景色を一望できます。夏は海水浴やバーベキュー、釣りなどを楽しむ観光客で賑わうようです。ちなみに、右奥あたりに見えるところが船着き場です。

猿島の歴史については、このあたりも参考になると思います。

滞在時間は、散策だけなら長くても2時間程度なので、物足りない方には記念艦三笠を見学することをおすすめします。私たちはお腹がすいていたので早々に横須賀バーガーを食べに行きましたが。。

東京から1時間ちょっとで非日常を楽しめる猿島、大人の遠足にもオススメです。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you (。・ω・)ノ゙
6

bufflog (ばふろぐ)

ITフリーランス翻訳者。東京在住。Leica Q2、D-lux、iPhone XS maxで撮った写真を中心に。仕事のことは基本書きません。料理や旅、写真、カメラなど。https://www.flickr.com/photos/yy_filmbuff_yy/

写真

カメラのこと、写真のことをまとめます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。