7月01_ルピナス組バナー

チェキ代まで稼がせてくれるアイドル!?民族ハッピー組に聞く、FiNANCiEのつかいかた

FiNANCiE magazine(フィナンシェマガジン)はドリームシェアリングサービスFiNANCiEによる、『応援』をテーマにしたwebメディアです。


日本のソウルミュージックである演歌。その演歌を世界に広めるべく活動をしているアイドルグループが、『民族ハッピー組』(http://enka-girls.jp/)です。

演歌を世界へを合言葉に28に及ぶ海外公演を行ってきた演歌女子ルピナス組、さらに大きなコンセプト、世界の民族を幸せにすべく、2019年8月4日より民族ハッピー組と名前を改名!

夢を追う人=オーナーとして活動する彼女たちには、アイドル活動とは別の夢もありました。今回はメンバー8人とマネージャーの大石さんに、FiNANCiE参加の経緯や日頃どのような活動をしているのか、そしてFiNANCiEを始めたことでの気づきを聞きました。

ーー民族ハッピー組がFiNANCiEのオーナー(夢を応援してもらう人)活動をするようになった経緯を教えてください。

マネージャー大石さん(以下:大石):これから芸能界の構図が変わっていく中で、ファンが直接演者を支援できるシステムっていうのが主流になるんじゃないかなと常々考えていたんです。そんな時にFiNANCiEをご紹介いただいて、まさにぴったり合ったサービスだなとその場で即決しました。僕は新しいものが大好きなので、直感でいいなと思ったものに関してはその場で返事を出すようにしているんです。

ーーメンバーのみなさんへ、FiNANCiEに参加することを伝えた時は、どんな反応だったんですか?

大石:FiNANCiEというSNSサービスをやります! ということだけ宣言して、拒否権はなかったです(笑)。実際に使いながら勉強してやっと今3割くらいFiNANCiEの何たるかがわかってきたと思うんですよ。FiNANCiEで応援しようと思ってくれるファンの方たちと同じように、メンバーたちも1から学んでいって、一緒に成長できる方が面白いかなと。だから僕からはあえて多くは伝えていないんです。

ーーファンの方々の反応はどのような感じですか?

大石:最初は「何が始まったのかよくわからない」という反応が正直多かったですね。でもここ1週間(取材日:2019年7月10日)の値の動きがすごくて。応援できるならとFiNANCiEにいち早く参加した方々の話を聞いて、新しく見にきてくださる方が急激に増えたんだと思います。ファンの中でも、少しずつ浸透してきたようですよ。

あるメンバーのカード単価は、7月月初と比べて月末には7倍ほどに上昇している。

ーーこれまでファンとの交流といえば、ライブの時にチェキ撮影や握手会などを行なっていますよね。実際に会って応援することとFiNANCiEでの応援の2つに分かれてしまう印象がありますが、その棲み分けはできているのでしょうか?

大石:確かにどちらもお金を払って応援するということは同じですが、その2つがリンクし始めているんです。FiNANCiEで得た利益で、ライブのチェキを撮りに来る。「チェキ代まで稼がせてくれるアイドルだ」と、参加者が口を揃えて言っています(笑)。

ーーなるほど、それで新しく参加するファンの方が増えているんですね。

大石:好きなアイドルを応援しているつもりが投資になっていて、そこから発生したお金でさらに応援ができるアイドルなんて他にいない。そういう話が行き交っていますね。新しい文化というかアイドルに投資という応援をして、その利益でさらにリターンを得るという新しい感覚が、ファンの方では根付き始めているんですよね。

8人それぞれが描く、アイドルの枠を越えた夢

ーーみなさんが普段どのようにFiNANCiEで活動をされているのかを教えてください。

永井 杏樹(ながい・あんじゅ) / 民族ハッピー組 ・ EGR{えぐる} ・ HatiHatiTechno
2019年7月よりグループのリーダーに就任。ロリータファッションをこよなく愛し、モデルとしてロリータ女子を増やすべく活動中。

永井:将来的には「ロリータ=永井杏樹」と連想されるくらいに知名度を上げていきたいと思っています。ロリータ服って年齢があまり関係なく20代でも30代でも着られる服なので、好きなお洋服を年齢を気にせずに着られる女の子が増えたらいいなと思うんですよね。

FiNANCiEでは日々のコーディネートも載せているのですが、今後はデザイナーさんと一緒にオリジナルのロリータ服を作ったり、それを着てカメラマンさんに撮ってもらう作品撮りもしていきたいです。

鬼瓦 トイ子(おにがわら・といこ) / 民族ハッピー組 ・ EGR{えぐる}
グループでは振り付け担当。占いを趣味とし、FiNANCiEではオリジナルの占いも投稿。いつか自身の占いサイトやサロンを持つことが夢。

鬼瓦:占いって理解しづらいものだと思っていて、疑ってかかってしまったり逆に依存しすぎてしまいがちだと思うんです。でも、本来は気楽に考えられるもので、娯楽のように楽しめるものなんだよというのを伝えていきたいんです。

FiNANCiEではオリジナル占いを日々作っていて、最近はビューティー占いというのを発信しています。ネイルのラッキーカラーやメイクのポイント、モテるためにはどうするかなど、試行錯誤中です。たまにコメントをいただいた人を占ったりしています。

椎原 えみ(しいはら・えみ) / 民族ハッピー組
6月に加入したばかりの新メンバー。高校時代大分県1位を取るほど熱中した水泳の楽しさを広く伝えるべく活動中。

椎原:子供の頃は身近だった水泳も大人になると疎遠になりがちで、観戦に行くこともなかなかないと思います。なんでだろうと考えた時に「よく知らない」ことが原因だと思って。なので、水泳を面白く見る視点を伝えて、解説ができるようになることが夢です。

まずは水泳が楽しいということを知ってもらいたいので、私なりの解説を投稿したり自分で水泳教室をやったりと、FiNANCiEで色々な道を模索していきたいなと思っています。

遠矢るい(とおや・るい) / 民族ハッピー組 ・ EGR{えぐる}
アイドル活動に加え、声優としても活動。また得意のイラストでは、仕事の依頼を受けるように。地上波のアニメに出演すること、個展を開くことが夢。

遠矢:昔から声優になることが夢でした。これまでアプリゲームやWebアニメ・ラジオなどに出演させてもらっていますが、夢は地上波のアニメに出ること。プリキュアになりたいんです。この間初めて外国映画でのお仕事をして、そのDVDが発売されたことをFiNANCiEに載せたら反響が大きくて、すごく嬉しかったですね。

最近は得意のイラストがお仕事に繋がっていて、某アイドルグループのCDジャケットも担当しました。いつかは自分の個展を開くのも、一つの夢ですね。

望月 琉叶(もちづき・るか)/ 民族ハッピー組
去年10月にグループ加入。グループ内ではDJを担当している。趣味は作曲、いつかは誰もが名前を知る投資家になることが夢。

望月:将来投資家をめざしている者としては、FiNANCiEの応援が投資になるという新しいサービスはとっても興味深いです。今は私たちの夢そのものが商品になっているけど、自分が作った曲の権利をリワード(オーナーからの特典サービス)にして、色々なチャレンジをしていきたいなと思っています。

馬渕 恭子(まぶち・きょうこ) / 民族ハッピー組
リーダーの補佐官として民族ハッピー組の知名度をあげるべくユニークな企画を日々遂行している。将来は朝ドラに出られるような女優になることが夢。

馬渕:私たちはLIVE配信で全国にファンを作ってきたグループなんですけど、知名度を上げるためにこれまでたくさんの企画をやってきました。池袋でライブがある日に相模湖からライブハウスまで歩いたり、リーダーとドミノ倒し一万個をやる企画も決まっています。

FiNANCiEでは24時間配信企画の事後報告を載せたことがあったんですけど、その反響が良かったので、次はミッション(応援してくれるサポーターと一緒に協力する企画イベント)で企画を募って、実際にやっている途中も投稿できたらなと思っています。FiNANCiEからLIVE配信を見に来てくれたり、そのままライブに来てくださった方もたくさんいるので、もっと増やしていけたらいいなと思います。

千代 絢子(ちしろ・あやこ) / EGR{えぐる}
声優を目指しアイドル活動を開始。幼い頃からの本好きで、物を書くことも得意。姉妹グループ『令和スカーレット』の作詞も担当している。

千代:去年の9月に東京に出てきたばかりで、芸能活動も始めたばかり。小さい頃からの物語好きで、変身願望が強かったこともあり、アニメを初めて見た時にこれだ! と思って、声優を志しました。

以前からポエムのようなものをTwitterに載せたりしていたんですけど、どうにも痛く見られがちで。FiNANCiEで載せ始めたら時系列に沿って私のこれまでを知ってもらえるので、ちゃんとしたものに見えるようになった気がします。

小泉 里紗(こいずみ・りさ) / 民族ハッピー組 / EGR{えぐる} / HatiHatiTechno
大のスポーツ好きで特に野球が好き。野球選手のお尻を見ただけでその日の調子がわかるほどの、お尻好き。野球好きを増やし、いつかは始球式に出ることが夢。

小泉:アイドルで野球選手のお尻が好きというと、ちょっと引かれてしまうかなと思ったいたんです。だけど意外と女性ファンの方が「私もです」なんて言ってきてくれたり、男性ファンも「こういうのがいいのか」って野球中継をチェックしてくれるようになったりして。

12月にフルマラソンに出るので毎日練習中なのですが、ファンである千葉ロッテマリーンズの勝敗によって走る距離を変えるという企画をやっています。勝ったら3キロ、負けたら5キロ、完封負けなら7キロと決めていて、それこそ走っている姿をツイキャスで配信したり。野球がきっかけで繋がっているような感じで嬉しいんですよね。

FiNANCiEを始めて、自分の夢を大きな声で言えるようになった

ーーFiNANCiEを始めて、何か変化はありますか?

鬼瓦:知識が増えることですかね。すごく勉強するようになりました。占いのことはFiNANCiEだけで発信しているので、しっかりした記事を投稿するためにも勉強する、その機会をもらっている感じがします。

望月:私の場合、投資家になりたいという夢があって、FiNANCiEはそれに近しいものなので、勉強になるなと思います。みんなのカードを買って、自分自身でもみんなのことを応援していけたらいいなと思って。投資家になるという夢への資金を、FiNANCiEで稼ぐところから始めるというのも面白そうですよね。

千代:これまでどこか、アイドル以外を目指しちゃいけないんじゃないかと思ってしまっていて。アイドルの私を好きになってくれた方は、ステージで歌って踊る私を好きなので、それ以外の活動をしても興味を持ってもらえないんですよね。FiNANCiEを始めてからはに大きく夢を宣言しているから、大きな声で「これがしたい!」と言えるようになった。「そういうことなら応援するよ」という言葉をいただける機会が増えて、嬉しいんです。

小泉:単純に興味を持ってくれる人が増えたというのはあるんですけど、ミッションを通じてファンの方と新しいコミュニケーションが取れるようになりました。私の場合はマラソン企画のハッシュタグを募集をしたんですけど、そのハッシュタグを使ってファンの方が私と同じように走ったことを知れたりして。みんなとの繋がりが増えたことが良かったなと思います。

ーー 一緒に考えたミッションだから、大切にしてもらえるんでしょうね。

小泉:ファンの人たちに意見をもらって今後の自分の活動を決めたので、都度都度見つめ直せるようにはなりましたね。

椎原:Twitter では今の自分を発信することが多いんですけど、FiNANCiEだったら自分が水泳で大分県一番を取ったという経歴含め、過去から順序立てて知ってもらえることがいいなぁと思います。

遠矢:長い文章を書けるようになったことでファンの方が喜んでくれて、その反応が嬉しいんですよね。それを見るためにFiNANCiEに登録したよっていう言葉をもらえると、めちゃめちゃ嬉しいんです。みんな読むの面倒くさいかなって思っていたけど、ここは夢に向かって書く場所だからどれだけ書いてもみんな読んでくれる。明日は何を更新しようってワクワクします。

ーーFiNANCiEと他のSNSが違うなと感じる点はありますか?

馬渕:ファンの方の熱量というか、行動力がある人や応援したい・協力したいという気持ちが強い人がFiNANCiEを見るじゃないですか。だからそのままライブに来てくださったり反応が見られることは嬉しいですよね。この場所に書けばすごく応援してくれる人がいるって、モチベーションになります。

永井:FiNANCiEを始めて、自分の夢のためにどうするかをすごく考えるようになりました。投稿するためには写真だけではなくて、これからどうしていきたいかとか、どう見せていきたいかとか、言葉にしないといけない。考えさせられることが多くなってきて。自分の夢に向かって全力で頑張っていける場所が見つかったなという感じです。

ーークローズドな空間だから、たまには弱音も吐ける。安心して自分の夢への想いを出せる場所なんですね。

永井:そうですね。一人で頑張っているんじゃないなって思わせてくれるというか。協力してくれるファンの人たちと一緒に頑張っていきたいと、安心できる場所です。

ーーー

取材・編集 : 柴田佐世子 , 柴山由香
撮影 : 池田実加

ーーー

FiNANCiEは『あなたの夢が、みんなの財産になる。』FiNANCiEは夢を持つ人(オーナー)と夢を支援する人(サポーター)が出会い、その実現に向けて、一緒に歩むためのサービスです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

#FiNANCiE

『あなたの夢が、みんなの財産になる。』FiNANCiEは夢を持つ人(オーナー)と夢を支援する人(サポーター)が出会い、その実現に向けて、一緒に歩むためのサービスです。このMAGAZINEでは、応援をテーマに各界のトップランナーからお話を伺っていきます!

FiNANCiE magazine

このMAGAZINEでは、応援をテーマに各界のトップランナーからお話を伺っていきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。