良い記事メモ

24
ノート

で、結局どうやったら漫画家になれるんスか?4

「漫画で食えない時代に食っていくためには、「電子書籍を主戦場に作品を自己管理する」という方法が、1つの大きな選択肢になりつつあるのではないか?」

前回はそんなお話をしました。(前回から間がい空いてしまいましたが)

そうは言っても、どこから手をつけたらいいのでしょう?

漫画家の方もまだ志望者の方も、手元に作品があっても販売手段を知らないケースが多いです。
結論を言うと、「まずは電書バト(僕の会

もっとみる

あなたが知らない本当の「エモい」の語源

R1CHARDです。
いつもはゲーム(CALL OF DUTY)に関する記事を投稿している私ですが、本日は別の話題について書いていこうと思う。

昨年2018年の流行語大賞に「エモい」という単語がノミネートされた。
私はびっくりした。
何故かと言われれば、私は10年以上前からこの「エモい」という単語を当たり前のように使用していたからである。

みなさんが知らない、本当の「エモい」が生まれた瞬間の話

もっとみる

15歳、スペインでサッカーをしたい!

はじめまして。高橋 悠真です。
来年の1月に、僕はプロサッカー選手を目指してスペインでの生活をスタートします。

なぜ日本ではなく、スペインなのか

一番の理由はスペインのサッカーが大好きだからです。

サッカーを始めた頃からスペインのFCバルセロナというチームの華麗なパスサッカーをずっと見てきて憧れを持ち、いつしかここでプレーをしたいという夢ができました。

また、「小柄な選手が頭を使って賢くサ

もっとみる

見たことのないバスをDIYでつくる。 デザイナー森澤有人さんが語る「モノづくり」の本質 【spods creator's talk】

3月から始まったバスのDIY改造。気づけば100人を超える人たちが参加してくれている。spodsのプロジェクトをともに楽しんでくれる仲間たちに感謝するばかりだ。

「うわあ、すごい」「かっこいい!」

初めて工場に足を運び、spodsのバスを目の当たりにした人たちからは、いつも驚きの声が上がる。見たことのないバスの吸引力、そのデザインの力を実感する瞬間でもある。

spodsのプロジェクトはいま、

もっとみる
スキありがとうございます。spodsをよろしくお願いします!
69

noteがやっぱり好き!

今日は、朝から5つ打ち合わせがありました。

会社員時代は会議続きの1日も多かったけど、会議はあんまり好きじゃなかった。(むしろ、会議は無駄のかたまりだとおもってたくらい。笑)

でも、フリーランスになってみて、ひとりで作業する時間が増えるようになってみて、改めて会議(というよりも人と話す時間)の大切さを改めて実感してる最近です。

今日は、朝cocorone編集部・フリーライターのチヒロさんと話

もっとみる

📺 誰も経験がない自社TVCMで考えたこと、実施したことの一部始終

こんにちは、Rentioの高橋です。

Rentioをご存知の方、いつもありがとうございます。
Rentioをご存知でない方、初めまして!ぜひこちらの記事もご覧ください。

さて去る2019年3月、カメラ・家電のレンタルサービスRentioでは初めてTVCMを放送しました🎉 社内の誰ひとり知見も経験も無いところから、スタートアップよろしく自分たちで色々と学びを得ながら進めてきました。

今回はT

もっとみる

お金は大事。でも人生は、それだけじゃない。人生を楽しむボードゲーム「ウリカイ」制作秘話☃️✨

【ゲームマーケット2019春 5/26(日)  W37にて販売中】

(2019/05/19追記)
ごめんなさい😢Twitterでも告知させていただきましたが、予約は締め切らせていただきました💦わずかながら当日分を用意しましたので、ぜひ遊びに来てください😳

この記事は、ゲームマーケット2019春に販売する「ウリカイ」というボードゲームの紹介をさせていただく記事です✨もし興味を持ってくださっ

もっとみる

自分探しの旅に出たら、自分と世界の捉え方が変わった話。

2018年1月から4月、ふらふらと海外を放浪したときがあった。今振り返れば「自分探しの旅」という名前をつけられるけれど、当時はただただ、必死だった。

何者かに、なりたかった

旅に出る前の自分は、自分のことが嫌いで、とにもかくにも、変わりたかった。

どれだけ挑戦しても成長しても満たされることがない渇望。できることはどんどん増えていくけど、やりたいことは一向にわからない不安。

いまなら分かるけ

もっとみる

マーケティングに悩んでいる人にとって、書籍「顧客起点マーケティング」が必読書な理由

皆さんは、最近西口さんが出された書籍「顧客起点マーケティング」は読まれましたでしょうか?
マーケティングの本はいろいろありますが、この1冊は間違いなく現在のマーケティングに携わる方は必読の本だと言えると思います。

4月に出版された本ですし、書評はたくさん書かれてるので、細かい内容についてはそっちを読んでもらった方が良いと思いますが。

とにかく、凄い本です。
ゴールデンウィーク中にザッと読んだん

もっとみる