ユーザーを泥棒あつかいした産業は、歴史的に沈んでいった

昨日、noteを運営するピースオブケイク社から、以下のような声明が出ました。

2月13日の文化庁の文化審議会著作権分科会での、ダウンロード違法化に反対する声明です。海賊版対策に、ダウンロードを違法化の対象を超拡大するというのは、害のほうが大きすぎるという意思表明です。

本来なら、こういう政治的なゴタゴタには、スタートアップは近づきたくありません。ですが、noteは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにすること」を標榜しています。クリエイターに不利益をもたらしかねない政治的アクションには、しっかりと意見を表明すべきだと考えました。

これはnote設立から続く、CEOである加藤の強い思いでもあります。


著作権法は、基本的には「表現の自由」の限定例外事項にとどめるべきかと思います。なぜなら簡単に拡大解釈できる上に、強すぎる法律だからです。特定の表現を、個人あるいは企業が申請なしに100〜120年も占有できる権利というのは、控えめに言っても強すぎる権利です。

クリエイターにとって大事な権利ではありますが、それ以上にパブリッシャーに大きく利する強権を拡張する行いは、慎重に吟味して行われるべきです。少なくとも、クリエイター視点で拡張されるべきでしょう。

違法漫画コンテンツは確かに問題ですが、その問題の是正は、表現の自由やユーザーの利便性を大きく毀損してまで対応すべきものではありません。優先順位はあくまで表現の自由が先にたつべきです。


以下、個人の雑感

あわせての雑感。コピーコントロールCD、コピペ&右クリック禁止ホームページ、映画泥棒、過剰な楽曲管理、私的録音録画保証金など… 

ユーザーを泥棒あつかいしはじめた業界は、大半がそのあとに足並みをそろえて衰退するようにみえます。

歴史を見てみると、既得権益プレイヤーが自らの立場を守るために、過剰な保護政策をとりはじめると、産業や国家は基本的に衰退するようです。これは新しい試みが萎縮したり、新しい試みを行うこと自体が放棄されるようになるためです。多くの場合、イノベーションが封印された国家は、最終的に外敵の侵略をうけて消滅します。


漫画村問題の本質は、テクノロジーの進歩にたいして、現行の法律とビジネスモデルの両方が対応できなかった点です。

この場合、真に行われるべき処置は、

・コンテンツ産業のビジネスモデルをアップデート
・現行法律をテクノロジーの進歩を阻害しない形で修正
・違法サイトの経済合理性・優位性をなくす

です。しかしながら、現在検討されている方式は、

・テクノロジーの進歩を阻害する形で抑止
・ユーザーに不便とリスクを押し付ける

というアプローチ。このような、ユーザーに不利益を押し付ける形での規制は基本的にうまくいきません。 違法コンテンツへの対処そのものは賛成ですが、そのアプローチはテクノロジーやユーザーと寄り添ったものが議論されるべきかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

嬉しいー(お返事がランダムに出せるようになりました)
948

何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10

16つのマガジンに含まれています

コメント6件

続き
漫画以外にも、映像関係でも同じです。
アマゾンプライムの映画をすべて見ましたか?ユーチューブで公式公開の映画等は全て見ましたか?すべて無料(アマはプライム会員なら)ですよ?
映画にしたって、違法DLできない場合の次のステップはすべて映画館にくるわけではなく、「観ない」「レンタルまでまつ」で、たいていレンタル解禁のころには存在を忘れます。結果観ないです。
観る、読むのにも労力が発生します。新規開拓なんて重労働です。
それでも好きな人はとっくに買ったり、何度も映画館に通ってます。
私は先日も映画館に行きましたが、スクリーンがチープ、音がチープ、映画なのに完結しないストレス、を感じました。結論、完結してからまとめて良質なヘッドフォンで楽しむのがベスト、「金を出し」「時間を合わせて」「足を運ぶ」価値はないと判断しました。
自分達の立場をまったく把握せず、制作費がいくらかかったからこれくらい回収できないと困る的なスタンスであぐらをかき続けてきた結果でしょうけど。
続き
・違法DLの概念
「無知」とつけたもう一つの理由はこちら。
何を持って違法DLとするのかの定義があまりにも不明瞭。
言葉通り、「違法物をDLすること」と言えば、携帯やPCでwebを開く全て人がおそらく該当します。
なにせブラウザに表示させるにはDLする必要がありますから。
それこそ黎明期でも珍しいテキストオンリーのHPでも無い限り概ね著作権侵害です。
ユーチューブなんてコメディ系しか配信できませんね。
商品紹介系もメーカーロゴが表示されている衣装もNGになるでしょうね。

ストリーミングとは「DL→保存→表示→削除」で、DLを必ずします。
まずこのコンピュータの仕組みすらを知らない人が立法をしている恐怖。
まぁUSBメモリを知らない人が担当大臣になれるくらいの政府だから納得ですね。

今回の法案の対象は各SNS等で使われているアイコンや二次創作も含まれるので、業界を消滅させる会心の一撃になるか、国民総犯罪者国家の誕生になりうる案件です。
そうならないために対象は政府側の独断と偏見で決めますと断言しちゃうとんでも法です。
続き
正しくは「違法物の不法所持(データを含む)の禁止」が妥当ですが、それを確認するすべはなく、違法アップ時に罪状が2つになるだけの無駄な法律です。

それを違法「ダウンロード」の禁止っていうのは見当違いにもほどある悪法だと私はおもいます。
長文失礼しました。
CCCD(コピーコントロールCD)は本当にひどい規格でした。CDを購入したのにその音源を他のメディアで聴けない、さらにはCDプレイヤーによっては再生できないこともありました。ユーザーを盗人扱いにした挙げ句、正規の客にまで迷惑をかける。衰退するわけです。時代はかなり変わりますがYouTubeなどでライブ映像をオープンにし、それをきっかけにファンを広げていったももいろクローバーなどはこれらとは真逆の好例であると思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。