本当に意思決定が必要なことって、実は少ないかもしれない


先日、こばかなさんと意思決定の話をした。その話のまとめメモ。

意思決定の遅さや、先延ばしに巻き込まれて、チャンスを逃すケースが非常に多い。私生活でも仕事でも。

でも、実は意思決定で悩むケースは、この世にはほとんど無いんじゃないかなと思う。多くの場合、物事の選択はざっくり「ポリシーの問題」「セオリー」「不変の法則」の3種類のレイヤーに分類できるのではないかと思う。あらゆる意思決定をこの3レイヤーに分類することで、悩むシナリオを最小化できる。


ポリシーの問題

この卵を「目玉焼きにする」か「卵焼きにする」か「ゆで卵にする」か。

些細なこと、完全に等価なこと、要素が複雑すぎて分析不能な問題。ポリシーの問題は悩むだけ無駄。シンプルに好みや生き様で、決めてしまえばよい。

どちらかというと、明快な「生き様」や「ポリシー」など、行動規範を持っているかどうかが重要。本人が行動規範を持っていれば、何も悩むことはない。毎回判断するのではなく、一度ベースとなるルールを作り、一貫性をもたせるのが大事。


セオリーのある意思決定

目玉焼きは、「熱した金属板に乗せて焼く」か「レンジでチンする」で作れる。

歴史的に検証済みで、勝ちパターンが判明している問題。費用対効果を見るだけでよいので、基本的に悩む必要はない。

例外は「最適解ではなさそうな場合」と「新しいやり方そのものを見つける必要があるとき」。それ以外のときにあえてイノベーションを考える必要はない(朝食のために、粘土板で目玉焼きを焼く方法を考える必要はない)。

分岐するポピュラーなシナリオに応じて、最適な打ち手を把握しておくことが大事。


不変の法則

卵の白身(タンパク質)は58度ぐらいで熱凝固が始まり、80度ぐらいで完全に固まる。
白身を過剰に加熱すると硫黄分が出て、黄身の鉄分と結びつき黄身が黒ずみ臭くなる。

物理法則や法律など、根本から改変不能な事象。基本的に考えるだけリソースの無駄。このようなものは、意思決定する必要はなく、セオリーのレイヤーで法則を使えるかどうかだけを考えればよい。

ただし「イノベーションを生み出すことが目的」の場合は例外。このレイヤーをひっくり返す場合は、それ自体を目的にして本腰を入れるのが良い。


まとめ

こんな風に、迫られた意思決定を「ポリシー」「セオリー」「不変の法則」の3つに分類するだけで、ほとんどの意思決定は消滅する。意思決定を自動化すれば、認知リソースの使用を、複雑な例外ケースだけに集中できる。

・意思決定が「ポリシー」「セオリー」「不変の法則」に分解できる場合、選ぶ必要はほとんどない。
・その他に分類される場合、情報が足りない場合に、考えたり、選んだりする。
・イノベーションが必要な場合には、定期的にあえてルートからはずれる必要がある。


聞く限り、こばかなさんは施策の意思決定で迷ってたみたいだけど、そんなときは最初に「それは悩むべきものなのか? それとも自動で決まることなのか?」を考えてみるといいんじゃないかな…と、こばかなさんに話してみました。

人間の意思決定力は、有限のリソースなので、無駄に使わないことが大事なのかなと思う。限られた認知リソースを、どれだけ「本当に考えなければいけない問題」に集中できるかがポイントだろう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

ありがとー(お返事がランダムに出せるようになりました)
777

深く考える訓練

25つのマガジンに含まれています

コメント2件

毎日同じ服を着るみたいに、その人にとって本質的でない意思決定をポリシー化するのは良いライフハックですね。
構ってちゃんです。
意思決定問題を発生させる要因の構造的性質からケースを3つに分類した点については同意しますが、より議論されるべき点はポリシーの形成方法にあると考えます。たしかに明快なポリシーがあれば一意に選択可能でしょうけれども、そのようなポリシーを各個人が形成していくことが難しいために我々は意思決定に苦労しているのではないでしょうか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。