noteの2018年のデザイン戦略について

みなさま、新年あけましておめでとうございます。noteのお手伝いを始めてから3ヶ月が経ちました。

2018年、今年どんなことをやろうと考えているか、ユーザーの皆さんと情報共有したいと思います。


去年の活動のご報告

まずは、スタートアップらしく去年の活動のご報告から。2017年の10月以降、チームで様々なカイゼンを行って来ました。noteチームが持っていたポテンシャルが、徐々に発揮されるようになりました。

DAUが増加トレンドになりました
あわせて12月は、DAUで最大記録となりました。(薄いグラフの方が30日DAUです。Google Trendの30日継続読みにくいですね)。

継続率が1.75倍になりました
1週〜4週の継続率が、8月時と比べておよそ1.75倍となりました。現状は安定して維持されています。

投稿数が1.5倍になりました
noteのデイリー投稿数が、以前と比べて平均1.5倍程度に増加しました。現状は少し落ち着きましたが、引き続き増加傾向にあります。

最大流通額を達成しました
12月のnoteの流通額が最大記録を達成したようです。

Twitterトレンドに1日、2記事がピックアップされました
11月のシェアブースター実装から、Twitterでのシェア率が増加をしております。たまにnoteの記事がTwitterトレンドに出るようになって来ました。ソーシャル流入の推移。

はてブホットエントリ掲載率がアップしました
肌感覚ではデイリーで平均1〜2記事が、ホットエントリーにランクインしているようです。また複数のエントリーが同時にホットエントリー入りすることが増えました。


2018年の基本方針

noteが健全にグロースするための基本方針として、以下の3つの柱を考えています。

コンテンツパワー」とは、その名の通りコンテンツの量と品質。「発見性」は作品が世に届くこと。「継続性」は読み続けてもらえることと、書き続けてもらえることの施策です。

この3要素をバランスよく成長させることで、noteは短期的な売り上げに寄らない、持続性のある発展が可能だと考えています。2018年上半期は、この3つに関する施策を、重点的に行う予定です。


コンテンツパワーについて

note全体のコンテンツの品質向上です。良いクリエイターさんの誘致だけでなく、既存ユーザーのスキルアップやラーニングなども視野に入れています。noteで書くことそのものがクリエイターの成長に繋がることを目指します。施策の例としては、以下のようなものが考えられます。

・良いコンテンツの誘致
・良いクリエイターの誘致
・クリエイターのスキルアップ支援
・イベント、コンテスト等の推進


発見性について

クリエイターの作品が、それを必要とする読者に届くようにする施策です。現在、最も優先度が高いと考えています。シェア数、読了率、開封率、読了本数などを見ながらカイゼンを行います。発見性の例としては、以下のようなものが考えられます。

・よりソーシャルにシェアされるようにする
・パーソナライズされたオススメコンテンツ
・まとめ記事、マガジンの推奨
・ランキングなど


継続性について

ユーザーが読み続けてくれる、クリエイターが投稿し続けてくれるようにする施策です。ユーザビリティ関連を中心に、満足度や継続率、DAU、読了率、投稿率などを見ながらカイゼンを行います。以下のような施策が考えられます。

・エディタのカイゼン
・アプリシフトの推進
・フォローの奨励
・ユーザーフィードバックの強化
・各種ユーザビリティ向上による、フリクションの解消
・PUSH通知やメールの最適化


2018年の課題

全体としては順調な成長ブーストをしているnoteですが、いくつか解決すべき課題もあります。

一つは「発見性」に関する課題です。note全体でのグロースは順調な一方、個別の指標を見ると、投稿数の増加率に対して、閲覧率の伸びが多少鈍くなっています。結果、1コンテンツあたりの換算のPVは微減しています。このため3施策のバランスを取る意味で、「発見性」の優先度を高く考えています。

第二の課題は、リソース問題です。noteチームのリソースは限られているため、経営資源の分配が常に課題となります。あらゆるユーザビリティ上の課題は解決可能ですが、解決すべきかどうかにトリアージが発生するわけです。ユーザーの意見を聞く限り、ユーザーは「作品が届くこと」と「フィードバックが得られること」を最も重要視しており、この2つが達成されれば、細かい不具合や機能不足はそこまで気にならないようです。全体として数字を見ながら、ユーザーにとって実感のあるカイゼンから実行していきたいと思います。

またエディタに関しては、同リソース問題のため、PC, スマホWEB、iOS、Androidの同時開発が大きなネックとなっております。しかしながら執筆体験は、コンテンツパワーや継続性に大きく影響をするため、こちらはできるだけ早くリソースを確保し、根源的なカイゼンをしていきたいと考えています。


以上、もろもろ2018年上半期のグランドデザインのプランです。諸々の課題、チャレンジをチームで一丸となり、ドンドンと解決していきたいと思います! 不具合、バグもいっぱいありますが、優先度をつけて地道に頑張ります。

本年も引き続き、よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

多謝(お返事がランダムに出せるようになりました)
294

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
10つのマガジンに含まれています

コメント5件

ありがとうございます! 引き続き、精進いたします!
しばらくnoteからは離れていましたが,深津さんが入られてから再び積極的に更新するようになりました.これからも動向,楽しみにしております!
深津さんの記事を読んでnoteをはじめてみました。楽しみにしています!エンジニア向けにコードのシンタックスハイライトにも対応してもらえるとうれしいです。
スマホのTwitterやFacebook経由でブラウザでnoteの記事を閲覧した後、それをアプリで開ける導線が欲しいです。基本アプリを使っているのでブラウザではログインしていないので。(メルカリでブラウザの商品ページからアプリが開く感覚です)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。