就活用の作品ポートフォリオの作り方

仕事で面接をしたり、学生の作品ポートフォリオのレビューをする機会が、最近は多くなってきました。ところが生徒のポートフォリオを見ていると、見せ方で損をしている人が多い印象。能力はすごいのに、伝え方がもったいないイメージです。

毎回、同じことを指摘するのも大変なので、ポートフォリオの作り方を備忘録としてまとめてみました。今期の就活生さんの参考になればと。


目的を決めよう

まず、これから作るポートフォリオの目的を決めます。大事なポイントは3つです。「誰」に向けて「何」を伝え、「どう」行動してもらうためのものかです。この3つのポイントを明確にしましょう。

たとえば就職活動のポートフォリオの目的は、「採用企業があなたのスキルと適性を理解すること」となります。

GOOD
・採用企業があなたのスキルと適性を理解するツール

BAD
・自分が見せたいものを並べた
・今まで作ったものを並べた


企業が知りたいことを理解しよう

あらゆるデザインはリサーチから始まります。まずは先生や先輩、OB訪問などに話を聞いてみましょう。インタビューを通じて、企業が採用時にチェックするポイントを理解します。ポイントは採用者や会社によって異なるので、可能であれば複数人からにインタビューし、「普遍化された求められるポートフォリオ」を見つけましょう。

ポイントの例
・造形力はどれくらいか?
・色彩感覚はあるか?
・観察力はあるか?
・リサーチ能力は?
・論理的に分析ができるか?
・物事の本質をつけるか?
・ツールや手わざのスキルはあるか?
・即実戦投入できるか?
・根性はあるか?
・マメか



見せるポイントの優先順位を決めよう

行きたい会社にとって、優先順位の高いスキルや能力を調べましょう。基本的には、実戦投入しやすい能力は高い評価を受けます。それ以外の観察力や分析力など、サブセットとなる能力は、会社の方針によって優先順位が異なってきます。自分なりに重要度のランキングを作りましょう。

すべてをアピールすると、メリハリがなくってしまいます。とくに力を入れてアピールしたい項目と、軽く流す項目とに分けるのがポイントです。

Photoshopのスキルなどは、「ある」とわからせるだけで十分なことも。一方で「リサーチ能力」や「分析能力」などは、丁寧に説明をする必要があります。


各ポイントが見せられる作品を選択 / 作成しよう

それぞれの訴求ポイントを見せるために、目的ベースで作品のラインナップを決めます。

目的別に有効な作品
・基礎的な総合力を見せるための鉛筆デッサン
・色彩やバランス感覚を見せるためのポスター
・タイポグラフィの精度を見せるための組版
・リサーチ力を見せるためのインタビュー、産学協同プロジェクト
・自主性を見せるための、課題外のプロジェクト
・Photoshop / Sketch力を見せるための、有名サイトの模写

といった感じです。分量で勝負するわけではないので、目的に沿わない作品は、基本的に外します。

目的のポイントを見せる作品が足りなければ、新作を作ります。


作品から「何を」を見せたいのか明確にする

各作品を通じて「アピールしたいコト」が意図通りに確実に伝わるように、レイアウトや写真、キャプションを設計します。

単に最終作品を載せることは、有効ではありません。その手法で見せられるのは、ディテール力の精度だけです。見せたいポイント次第では、最終成果物よりもプロセスやバリエーションを多く扱うことが大事な場合もあります。

基本的には、「アウトプット」だけでなく、「なぜそのようなアウトプットに至ったか」、「そこに到るまでに、どのようなスタディや研究をしたか」などを含むと高評価です。

ページを1枚追加するごとに、そのページで何をどう伝えようとしているかを、常にチェックしましょう。


ベータテストで確認しよう

作ったポートフォリオをいきなり実戦投入してはいけません。友人や先生に見せて、フィードバックをもらい、少しづつバージョンアップしていきましょう。

この時「このポートフォリオどう思う」というざっくりとした質問は発散しがちです。「このページ / 全体から、私の何がわかりますか」という質問を多くしましょう。

・各ページから自分の何が伝わるか?
・全ページを見終わった後に、私がどういう人間だと思われそうか?
・雇用主が知りたがる内容は全て含まれているか?

メッセージパートが問題なければ、

・長すぎないか?
・ざっと見で伝わるか、詳細に読む必要があるか?

など、「流し見て伝わる」部分と「じっくり説明が必要な部分」を精査しましょう。説明が必要な部分は追加資料とともに、実際の面接でアピールしていくことになります。


サブ資料も用意しよう

ポートフォリオが散漫になりそうなディテールの情報は、サブ資料として分けて持参しましょう。

・スケッチブックの束
・iPadのアルバム / 動画フォルダ

これらは、最初から展開するのではなく、質疑応答に応じて取り出せるようにしておきます。ポートフォリオ本体はシンプルにとどめ、細かい質問が出てきたときはサブ資料の出番です。

これらは、頑張る力や、普段からの分量、デザインに対する態度などを可視化するツールとして非常に有効です。


まとめ

ポートフォリオの作り方をまとめてみました。こんな感じで設計すると、就職活動の打率がグッと高くなるのではないかと思います。

一番大事なことは、ポートフォリオは目的のためのツールであると意識することです。全てのページは「誰か」に対して「何か」のメッセージを発するためのもの、そして「何かしらのアクション」を起こしてもらうものであることを、忘れないようにしましょう。

そんなわけで、みなさん就職活動、潰れない程度に頑張ってください。
まったりと応援しています。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

嬉しいー(お返事がランダムに出せるようになりました)
325

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
6つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。