見出し画像

宗教にこだわるか意思にこだわるか【斎藤一人】

世の中には、人生の目的を見失いながらも、自分の意思に関係なく、宗教にこだわってしまう人っていますよね。

別に宗教が悪いという話をしたいわけではありません。あれだけたくさんの人が集まるわけですから、各々で何らかの魅力があるのでしょう。

しかし、自分の中に明確な意思があるにも関わらず、一つの宗教にこだわり続けてしまう人もいます。

そういう人が途中から宗派を変えられるかというと、なぜか変えられないんですね。

例えば、自分が好きになった人が、自分とは別の宗教に入っていたとしたら、本来であれば、シンプルに自分もその宗教に移ればいいだけのこと。

もしかしたら、それができない理由は、「自分の意思が宗教に負けている」ということなのかもしれません。

目的ありきの宗教ではなく、宗教のための宗教という固定概念。この人生、あなたはその考え方のままで、本当に幸せですか?

宗教にこだわる小さい人よ、大きくなれ!(斎藤一人さんのお話)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ツイてる坊主

これまでに、斎藤一人さんから学んだことを自由に投稿していきたいと思います。 ひとりさんのお話を聴いたあなたに、全ての良きことが雪崩のごとく起きます☆
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。