RUNNA

私たちが、そのまま弱くあれる情報を。自分でいられる居場所を。まだ模索中ですが、亡きパートナー(石井誠)が遺しやがった大量の作品の常設展示スペース&レスパイトハウス、「生きるための安心」のあるZINE を作ります。

妹と私へのごめんなさい 1

アパートメントで記事をさすがに書きあぐねて、 いつもSUPERなスーパーバイズをしてくれる親友や妹に電話した。 2歳下の妹は、おんなじ出来事を妹の視点で、いっつ...

生後4か月なう 猫様神様仏様

北白川のコトリエ商店。 雑貨店で前から気になってて、美術館への通りがかりに立ち寄った。 ちょっと遠慮しながら、お店の方に「猫、、いらっしゃるんですか」 奥の座敷に...

わたしのことについて

コオロギの声が優しい、 京都市の端っこのシェアハウスでこれを書いています。 特にかっこいい肩書はない私が、一人の人間として感じることを書いて、誰かと響きあえたらう...