小谷野拓夢/koyano hiromu

北陸大学サッカー部学生コーチ。中学生年代〜大学生の指導中。理不尽・根性論など日本が抱える指導者問題を考え直すキッカケになるような発信をします。

サッカーというゲームを上手くやるには-スペーシング-

1.はじめに

サッカーはシンプルであり、そして複雑なスポーツである。とある文献によれば、「コートが広ければ広いほど・人数が多ければ多いほどそのスポーツは複雑となる。」とされる。

となると、サッカーはスポーツの中で最も複雑なものの1つになるだろう。

そんなサッカーの複雑性を、よりシンプルに理解するためにこのnoteを書いた。あくまで机上の理論であり、仮説だ。

1つの「考え方」として読んでいた

もっとみる

偽SB-文脈を理解する重要性-

偽SBという言葉は、皆さんも聞き慣れた頃だろう。Jクラブでも偽SBを活用するチームがでてきた。

この偽SBの源流は言うまでもなく、グアルディオラだ。グアルディオラは偽SBを編み出したというよりも、「そうせざるを得ない状況だったから」という方が個人的にはしっくりくる。

さて、そもそもなぜ偽SBについてのnoteを書くのかというと最近、特にグラスルーツで偽SBを見かけることが増えたからだ。

しか

もっとみる

サッカーとは、意思決定である。

前回のnoteは予想以上の反響があった。あれからポジショナルプレー、およびサッカーへの探求はさらに続いている。さまざまな人、さまざまな本、さまざまな情報が僕を豊かにしている。

そしてまた、思考を整理する意味も込めて、noteを書いた。

タイトルは「サッカーとは、意思決定である。」
だ。サッカーに携わる人には面白い内容になっているはずだ。是非一読願いたい。

◾️目次
◽️意思決定を解く
◽️サ

もっとみる

ポジショナルプレーとは、配置プレーである

前回はアーセナル対マンチェスター・シティについて分析をした。初の有料を試みたが、予想以上に購入していただき大変感謝している。

マガジン「サッカーの学び舎」第4弾となる今回はポジショナルプレーについて書きたいと思う。

大学生である私の現在地から読み解くポジショナルプレーとは?是非温かい目で読んでいただきたい。

◾️目次
◽️ポジショナルプレーとは
◽️配置を解く
◽️相互作用を解く
◽️流

もっとみる

なぜアーセナルは崩れたのか-シティvsアーセナル分析-

マガジン「サッカーの学び舎」の第3弾である今回は、アーセナルvsマンチェスター・シティの一戦を分析した。

今回のゲームはサッカーというゲームの重要なポイントが至る所に隠されていた。是非戦術好きな指導者やファンは一読してほしい。

また今回は付録として最後の2章に有料記事を用意した。
分析noteに関しては、通常通り読むことができるので安心して読んでほしい。

それでは本文に入る。

◾️目次

もっとみる