攻撃は最大の防御

こんな本を読んでます。「サラリーマンこそ自分株式会社を作りなさい」

売ろうと思ってフリマアプリにアップして、いざ売れると

いそいそとその本を読み返す癖 ありがちです、、


リーマンやりつつ開業したての自分には、どタイムリーすぎてメモします。

見てよかったら買ってみてください。副業のヒントを得たい人など、おすすめ。

アフィリでもなんでもありませんけどリンク→


なぜ自分株式会社を作るか?

・自分の好きな仕事を好きなペースでやるため

・節税


ここまでまでは、別によくありがちですね、、

注目はこれ

とにかく好き勝手仕事しまくるために、他人を入れるな

・不安から仕事のできる人を入れがちだが、利益の取り分においてもめて失敗するケースが否めない。

・金絡みの話は、①泥沼の喧嘩になる ②持ち逃げされる


ということです(恐ろしや...

また、下手に事業を拡大したり、社員を雇ったりすると

税金の鎖からどこまでも逃れられないから、良い具合で持続させることも

大切であると説かれています。


自分株式会社では、役員も自分一人にしろ!


響きました。。


転職してもサラリーマンという生態系は変わらない。

もちろん長時間労働や、モンスター上司、モンスターカスタマーに

メンタルをやられてしまっては元も子もありませんが。

と に か く

会社に人生を左右される前に、自分一人で食っていける基盤構築に着手しよう。



日本の労働環境

労働者分布として、割合を見てみると

非正規雇用者は、全体の38%になります。

・嘱託、契約社員ー正社員登用の道もあり、派遣社員よりも安定感があります。

・派遣、アルバイトーいつ切られるか。。政府の政策によって、「正社員ゼロ法 案」とも比喩されていますね。


加えて、教員や地方公務員でも長時間労働

まあ、どの業界でもこれはフタを開けたらドバドバと溢れ出てきます。

そんな残酷な世界では、常に二股をかけろ!


これはモテ、非モテ論争においても言えまして

恋愛工学では、本命一人への執着心を非モテコミットと揶揄しており

重い、つまらない、飽きた

などという一見理不尽な理由で、捨てられるという...


仕事にしても、いつ路頭に迷うことになるか

いつだって、明日は我が身として、それに備える具体的ライフプランも必要です。

実例:宅建(実務経験必要なし、資格手当が出やすい)を取っておく。


これは知らなかったですが、ABE総理大臣の発言で

アメリカのように日本も、起業大国にして行く、、

徐々に政策としても変化して行くのでしょうが、リスクが大きすぎては

サラリーマンにしがみつかざるを得ないですよね。(差し押さえ、夜逃げなど..


現在では、日本政策金融公庫より、保証人無しで融資を受けれるプランもできているので、自己資金で数年の蓄えを持ちつつ、事業資金の一部は、融資を受けてチャレンジするというのも、1つの起業法ですね。



実際に株式会社を作る

・資本金は1円でもOKですが、開業資金諸々に25万はかかります。

・毎年決算報告をせねばならない(そこに費用もかかる。

・株式保有率がまじ大事!50 %を超える株式を保有しておくことで、

 株主総会などで意見を通せる。

・定款作成時に、株式の譲歩制限を設けておく事で、勝手によそ者に株式が渡ることを防げる。


節税プラン

・役員報酬を自分にたくさん払う。

会社からはお金が出て行くが、自分の懐に流れてくる。

・接待費を使う。

・固定資産を購入し、減価償却費にあてる。

せっかく設立したら節税して、がっぽられないようにしておこう。


個人事業主で開業→売上上げる(ここが課題..!)→株式会社を設立

法人人格を取得したら、法人は赤字または、利益トントンに収めて節税。


ここまで行きたいですね。切実です,,


人まじで雇わないでいい

・お金がとんでもなくかかる。

 ・できる人を雇えたとして、バリバリ営業かけて仕事引張ってきてくれる

安泰かと思いきや、優秀な人は

仕事をこなせるように成長してきたかと思うと、顧客ごとごっそりと抜き取って独立してしまう可能性もある。

これでは、大切な顧客を持っていかれてしまう。

やはり、自分の好きな仕事(稼げる)で


自分の手のかかる範囲でしっかりと稼ぎつつ


経費計上をして、節税もして(節税できるほどしっかり稼いで)


何度も指にタコができるまで書き続けたいが、

まず、この本を読んで株式会社をいっちょ設立してうまいこと節税もして独立してやるぞ〜!


と意気込むのは良いのですが、まずサラリーマンである私たちは

まず副業を始めよう!

そして幾らかでもいい、稼いだという実績を積み立てよう!


まず売上を上げなければ、節税どうのこうのという小難しい話が全部パーです。

ここがキモであり、まずはなんの仕事をしようかを取捨選択するのが大切。


元手ゼロでフィーでキインカムを生み出せる上記した宅建を活用した仕事などは、転売などのキャッシュ先行による仕事よりもリスクを抑えていけます。


商売のスタンスとして、素早いキャッシュ化

手元にキャッシュがないと「黒字倒産」に陥るリスクもあります、


ストック型インカム(権利収入、印税、不動産etc

フロー型インカム(サラリーマン、デザインなど実務的作業の連続からの収益

この両刀使いになって、安定を構築して行くのが理想的な安定でしょう。



という事で、まずは本などネットでもいいので

情報を収集して勉強する事が大事です。



サラリーマンでも勉強する時間を捻出して行きましょう。

時には、飲みの誘いを断ってでも、自己投資と銘打って

旅行でも、転売でも、書籍でも、異性との出会いでも


上限を決めずにメンタルブロックを徐々に壊しながら

自分の人生を構築して行きましょう!

(自戒も込めて)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

MARIA

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。