見出し画像

"優しい消費"を考える

安いものも、高いものも、
誰かから譲り受けたものも、
そのモノへの捉え方、扱われ方で、
"いいもの"にも、"よくないもの"にも変わる。

例えそれが大量生産された安価な、
最高品質と言えないものでも、
"ちゃんと"使いたい人が使えば
"ちゃんと"使い果たされていく。

"量より質"という言葉だけが独り歩きして、
「質の良いもの=価格が高い」ように思われているけれど、
一概にそうではなく、よいわるいは
"使われ方"が大きく関わっているはずだ。

しかし、ちゃんと使ってもらうには、
ちゃんと作らないといけない。

ちゃんと作るとはなんだろう。

それは、僕が思うところ
誰かが涙したりするような
劣悪な環境で生産されないことで

作る人同士が、お互いに尊敬の心をもち、
「優しさ」を持つこと。
それは必ずプロダクトやサービスに滲みでる。

つまり、優しい消費をしてもらうということは、
そもそも"優しい生産" がされていないといけない。

優しい生産が、優しい消費を生み、
その消費がまた生産に繋がる。

そのサイクルがやがて本質的な意味の
「量より質」を作る。

生活は続く。
生きている限り、
僕らはなにかを消費し続けてしまう。
よく言われる"量より質"が本当に実践できるのか。
平均年収約450万円の日本で、生活に関わるもの、
全てを「質のよい高いもの」にできるのか。
僕はできなかったな。
ダイソーも、ユニクロも最高なんだもの。

「量より質」、
その意味を今一度考え直したい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

foufouのマール コウサカ

「健康的な消費のために」という姿勢で服を作っています。https://www.instagram.com/foufou_ha_fukuyasan/

健康的な消費のために、今日考えること。

「健康的な消費のために」という考え方で様々な物に対してなるべくフラットに向き合いたい。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。