日本郵便の保険勧誘80歳以上自粛はただのパフォーマンス、経営陣は問題の本質が見えていない

郵便局員の上層部からの過剰なノルマから違法かつ強引な保険の販売に手を染め、顧客とのトラブルや苦情が耐えないのが事の本質だが、経営陣は販売自粛という事で沈静化を計り、問題の本質に真剣に向かうことなく責任逃れをしている。末端の現場職員に販売ノルマと責任を押し付け、その場しのぎをしている日本郵便の経営陣の姿勢が組織の腐敗を招いている。末端の職員に過剰なノルマで保険販売させている上層部、経営陣に一言「まずは経営陣諸君が販売現場で血眼になって保険販売して過剰なノルマを達成してみろ!!」お前らにそれができるのか?と言いたい。職員は上層部の奴隷じゃないんだよ。そして何より一番の被害者が民営化以前から長年の信頼を寄せている顧客であることを忘れるなと言いたいのです。
郵便局の信頼に胡坐をかき、信頼を逆手に地域社会を裏切り続ける現状に終止符を!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

FPサテライト 町田 貴規

FP業界に変革を起こす!!というミッションのもと、2016年に立ち上げた会社です。 FP業界のリーディングカンパニーを目指しています。 https://fpsatellite.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。