失敗した「色ち買い」

3年程前、オシャレブロガーさんたちのブログを見るのが好きでした。  
プチプラファッションで全身コーデをする人や、一品豪華なアイテムをさり気なく身に着ける人など、見ているだけで楽しい時間を過ごしていました。

毎日ブログを見ていると、じわじわと影響され、ブロガーさんたちが買い物をしたお店へ行きたくなりました。そのお店は、好んで行くお店ではないのですが、行きたくなってしまいました。

早速お店へ行き、ブロガーさんが着ていそうな服を購入。確かに手持ちの服と合わせやすくて、お財布に優しい価格です。それ以来、ブロガーさんをお手本に、お勧めしていた服を購入するようになりました。

しばらくして気になりだしたのが、「2色買い」「色ち買い」など、気に入った商品を、色違いで購入する技です。「色違い」と「買う」を掛け合わせた造語にもグッときました。

早速お店へ向かいます。目的は「色ち買い」。

その日は、セール品が多くありお財布事情も重なって、セール品から「色ち買い」をすることにしました。実は、このお店の色展開が好きではなかったのですが、ブロガーさんのように、このお店で「色ち買い」をしなければ気が済まない状態でした。

しかし、セール品から同じ服の「色ち買い」ができる商品がありませんでした。同じ形の半そでと長袖の「袖ち買い」ならできたので、妥協して「袖ち買い」を購入。ちなみに、「袖ち買い」は私が考えた造語です。

帰宅後、服を透明の袋から出して驚きました。
「袖ち買い」どころか、どちらも半袖でした。しかも色は同色。ただ単に同じ色の半そでを2枚買っただけです。

それなりに、時間をかけて買い物をしていたので、全身の力が抜けて「もう止めよう」という言葉が、すぐに脳裏に走りました。

それっきり、オシャレブログは卒業です。
そもそも外出が少ないので、服は気に入ったのを少し持っていればいいのに、なぜか執着しすぎていたようでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

☆らん☆

マーキュリーからの贈り物

妻として、母として、ひとりの人間として、日々の出来事や考えたことを綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。