From the Alley

アメリカで注目すべきスタートアップを紹介するニューヨーク発メルマガ。登録はこちら→ http://bit.ly/2W0xymO Twitterページはこちら→ http://bit.ly/2KyS1oN プロフィールはこちら→http://bit.ly/2F0qqwS

Cargo:ライドシェアのスナック販売

ウェブサイト:https://drivecargo.com

ライドシェア市場が拡大する中、新しい市場分野の機会が生まれている。それは車の中。ライドシェアは、ブランドや会社にとって乗客の関心を掴む絶好のチャンスを与え、それらの製品を売ることにつながる。

Cargoはブランドや会社のために、ライドシェアの車の中でマーケティング機会を与えるサービスを提供している。同社はブランドや会社が売りたい製品の

もっとみる

Uzurv:患者向けのライドシェアサービス

ウェブサイト: https://uzurv.com

医療サービスを受けるための交通手段はヘルスケアの重要な要素である。そしてそれは数字にも表れている。アメリカのヘルスケアに関わる交通機関市場規模は2017年で約218億ドルであり、2026年までには315億ドルが見込まれている。患者が病院やクリニックに行くための交通手段が必要なのは明確であり、ライドシェアの会社がそのニーズに入り込むのは当然であろ

もっとみる

June.ai:AIを活用し、コミュニケーションを効率化するメールソフト

ウェブサイト:https://june.ai

1970年代以降、E-mailはあって当たり前のものである。しかし驚くことに1970年代のe-mailは現代のものと、さほど変わっていない。メール送信にかかる時間は1970年代に比べれば確かに早くなっているが、メールの確認の仕方やメールの整理など、基本的な要素は大きく変化していない。

June.aiはメールのユーザーに新しい体験を与えることで、その

もっとみる

Superhuman:米トップVCが支援する贅沢なメールソフト

ウェブサイト:https://superhuman.com

勤労者にとってメールの確認は日課であり、毎日数時間を費やす。平均の勤労者がメール確認に費やす時間は労働時間の28%を占め、実に124通ものメールを毎日受信/送信しているとも言われている。メール確認は日々の日課であるにも関わらず、メール確認という作業には差別化されたサービスは存在しなかった。しかし、Superhumanが今、その現状を変え

もっとみる

Croissant: 色々なコワーキングスペースを試せるサービス

コワーキングスペースの主なメリットは長期のオフィスリースの必要性がないということだ。固定スペースが必要な会社に役立つ一方で、働く場所がフレキシブルであることを希望する個人フリーランサーやリモートワーカーにとっては固定スペースは不要だ。更に、ただ働く場所を必要としている彼ら・彼女らにとってはコワーキングスペースはあまりに高価すぎる。

Croissantのアプリはこのような労働者に対して柔軟性と省コ

もっとみる

Spacious: 高級レストランでコワーキング

起業家、リモートワーカー、そしてフリーランサーは意外と働く場所のオプションが限られている。彼ら・彼女らの働き場所のオプションは、家で働くか、コーヒーショップのような公共の場、又はコワーキングスペースか、という選択だ。しかしそれぞれのオプションには問題がある。家では集中できない、コーヒーショップのような公共の場では空いている椅子を見つけるのは難しい、また、コワーキングスペースの会費は高い(ニューヨー

もっとみる