小平託|FLY_041

「ここでやるか、一生やらないか。」“自分でドリップする”コーヒーショップ「MINEDRIP COFFEE」ができるまで。(前編)

小平託(MINEDRIP COFFEEオーナー/マイクロエンタテインメント株式会社 代表取締役社長)昨年12月「お店をはじめるラボ」を受講し、最終プレゼンで発表した「自分でドリップするコーヒーショップ」の事業を実現させるため、会社の退職と独立を決意。教授の井本喜久さん(いもっちゃん)に取締役就任を依頼し、日本を代表するコーヒーロースターの中から好きな豆を選んで、”自分でドリップする”コーヒーショップ「MINEDRIP COFFEE」を立ち上げた。2016年4月29日(金)、新宿新南エリアにオープンする商業施設に第1号店を出店予定。出店にあたり、現在クラウドファンディングに挑戦中。

Q. 自由大学に来たきっかけは?

はじめは「Creative Camp in Portland」に興味を持っていて、参加したかったんですが休みが取れなかったんですね。また機会があれば何か受けたいなと思ってたら「お店をはじめるラボ」の講義を見つけて受講したのがきっかけです。

Q. もともとお店をやってみたいなという気持ちがあったんですか?

会社で働いていた時もそうだったんですが、何かが動いていくのを見るのがすごく楽しくて。大きな企業にいると大きなものが動いているのが見えるけど、でもそれを「自分がどのくらい動かしているか」って、やっぱり見えづらい部分があるんですね。そこをもっとリアルに感じたい、という思いがお店をやってみたいという気持ちにつながっていました。

Q. 講義を受けてみていかがでしたか?

教授のいもっちゃんと初めて会った時は、正直言ってちょっと不安になりました。広告代理店の人っぽいというか、ちょっとうさんくさいな、みたいな(笑)。でも回を重ねるごとに、彼の情熱や誠実な部分が見えてきたんです。それは講義に対する姿勢もそうだし、受講生に対する姿勢も、ゲストの方に対してもそうでした。彼に対するイメージがいい意味ですごく変わっていって、最終的には受けてよかったなと思いました。

あとは講義に集まったメンバーからもたくさんの学びがありました。何か新しいことを始める時って、周りから「それがなぜできないか」というフィードバックをもらうことが多かったんですね。でも自由大学で出会った仲間からは「どうしたらそれができるようになるのか」というところまで言ってくれる人が多かったので、それも大きな力になりました。

Q. 「お店をはじめるラボ」では最終回で自分のお店のプランを発表していますが、託さんはその時すでに「MINEDRIP COFFEE」の事業プランを発表していましたよね。あれは講義を受ける中で思い付いたんですか?

半々くらいですね。なんとなく「こんなことがしたい」っていう部品みたいものが講義の前にいくつかあって、それが講義の中で整理されていって、それが最終プレゼンの時に集約されたという感じでしたね。

Q. なぜ、あえて「自分でドリップする」コーヒーショップをやろうと思ったんですか

もともとコーヒーが好きでよくドリップをしていたのですが、家でコーヒーを淹れている瞬間に、ふと「あ、幸せだな」と思ったことがありました。一連の動作を終えてみると、頭の中が整理された上に、なんだかわくわくしている自分にも気付いたんです。コーヒー好きの友人達に聞いてみると、彼らの多くが同じようなことを感じたことがあるということがわかり、この感覚をもっと多くの人にも味わってほしいと思うようになりました。

よく考えると、お店でコーヒーを”買える”場所はたくさんあるけど、お店でコーヒーを”ドリップできる”場所はない。お店でドリップできる場所があったら、普段家でドリップしない人にも体験してもらえるし、いろんなロースターの豆を用意すれば、普段ドリップをする人にも楽しんでもらえる。それがコーヒーの文化や魅力を広めることにもなるのではないかという思いから、この事業を思い付きました。

Q. この事業を本当にやろう、と思ったのはいつだったんですか?

それは最終プレゼンの時にすでに決意していました。というのも、プレゼンで周りからすごくいい評価をいただいたんです。1人につき10点満点評価だったんですけど、1人あたりの平均点が9.7点とかで。評価の中で「この事業にもしお金を出すとしたらいくら出すか?」という”仮想支援金”も書いてもらうんですね。これまでの最高金額が200万円だったようなのですが、250万円くらい集まったんです。自分でも想像していないような評価をいただいたので、「あ、これは本当にやるべきだな」と思いました。

Q. でも会社を辞めてお店をはじめるというのは相当な覚悟が必要だと思うのですが、迷いはなかったんですか?

逆に「今しかないな」という思いがありました。あと1年2年経ってから、という選択肢は全部削って「ここでやるのか、一生やらないのか」という決断だったので、最後はサクッと決めました。

Q. 退職の話をした時の会社の反応はどうでしたか?

会社にはすごく驚かれましたね。社内では「会社を辞めて喫茶店の人になる」っていう話になってます。コーヒーおじさんみたいな(笑)。でも「自分にはできないけど、そういうチャンスがあることも、そういう決断ができることもうらやましい」という風に言ってくれる人がけっこう多かったです。やっぱりみんないろいろ葛藤しながら働いてるのかな、と思いましたね。

Q. でもそれは託さんが行動したから掴んだチャンスですよね。

そうですね、それは思いますね。

※後編はこちら

【関連サイト】

「MINEDRIP COFFEE」クラウドファンディングページ

自由大学「お店をはじめるラボ」講義ページ

(インタビュアー/写真/ライター: #増田早希子

FLY(フライ)は、自由大学の卒業生が登場するインタビューコーナー。自由大学に通い、新しく見つけた自分の姿。卒業して、踏み出した一歩は小さくても確かな手応えをもって、新しい日常の扉を押し広げます。卒業生が体験した、自分らしい転換期の話をお届けします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

フリユニピープル

自由大学のひとびと。http://freedom-univ.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。