fubuki_misaki(Tomoko)

横浜にあるソフトウェア会社、勤続20年越えのシステムエンジニア兼二児の母親。現在、ノルウェー語を学んでおり、中級レベル。NORLAのサポートをうけて、ノルウェーの詩の翻訳中。その他、モートン・ハルケットファンサイト管理人。http://www.morten-harket.jp/

昨年、最もハリウッドに愛された曲『Take On Me』by a-ha を知っていますか

1985年。電電公社がNTTになり、5月の3連休がゴールデンウイークという名前で始まったこの年の夏、『メンバーの顔がはっきりしない』『コミックと現実を行き来する』という珍しいミュージックビデオで一世を風靡したのが、a-haの『Take On Me』でした。

『Take On Me』は知らないという人でも、曲を聴けば一度は聞いたことがある人が多いと思います。80sのオムニバスCDには必ず入ってます

もっとみる

『逃げ恥』は現代のお伽噺だった

年末の一挙放送ではじめて、『逃げ恥』をほぼ全ストーリー見た(一部見られなかった箇所あり)。それで思ったこと。これは、男女で見ている場所が違うお伽噺なのでは。

 日本の昔話には、「(貧乏な)おじいさん・おばあさん」が主役なことが多いですが、もう一つのパターンとして、「嫁のいない若者」が主人公なものが多くあります。浦島太郎然り、食わず女房然り。よく、夢見る若い女性を揶揄して、「シンデレラ症候群」とか

もっとみる

メディアの交代を目撃してるのかもしれない

随分昔だが、テレビが「マスメディア」として一定の地位を確立したのは、「浅間山荘事件」がきっかけだったという番組をみた。
曰く、新聞は翌日にならないと事件の全貌が見えないのに対し、テレビの生中継はとても衝撃的だったこと、リアルタイム性が受けたのだといっていた。

浅間山荘事件から45年。かつては「生中継」のときはブツブツ切れていた画面もスムーズになった。特に90年代から一般化してきたネットの成長はす

もっとみる

「親」の呪縛から解放されていい

私には、高校生と小学生の子供がいる。当然、私には彼らを養育する義務がある。実際、育児をしている人にはわかると思うが、育児は自分との葛藤の連続だ。

 私は、子供達をみながら、「自分と同じ失敗はしてほしくない」と思う。正直、自分はかなりネガティブな子供だったから、辛い事が結構あった。子供に辛い思いをさせたいと思う親はいないと思う。たとえば、よちよち歩きの子が転びそうになったら、手を出して転ばないよう

もっとみる

完璧を目指す改善はもうやめようよ

まず最初に言いたいのは、「改善自体が悪いわけではない」ということ。でも、その改善、少し待ってみませんか。
ここ数年、「頑張る」という言葉がまるで悪の手先のような言われ方で「顔晴れ」という字面に置き換えられてみたりしている。
曰く、「頑張れって言葉は、頑張ってる人にいうと追い詰められるから。それよりも、笑顔でいられるように顔が晴れ晴れとしている字をあてよう」というようなことのようだ。
私はこの言葉を

もっとみる

焦りと言葉と

言葉は、何も伝えてくれないと思うことがある。どうあっても、他人はその人にとって都合の良いように言葉を捉えるから。傷つきたいときは、傷つくように。勇気を持ちたいときは、そのように。内容よりも、発する相手が誰かによって受け取り方を変えることだってある。難しいけど、そういうものだ。

つくづく厄介なのは、親しいほどに、相手の言葉を悪くとってしまうことがあるということだろう。相手に嫌われたくない、傷つけた

もっとみる