見出し画像

KEPPLE参画のお知らせ

この度、ベンチャーキャピタリストとして勤務しておりましたNHN CAPITALを2019年5月末付で退職いたしまして、かねてから熱心にお誘いいただいていたKEPPLEに6月1日からジョインすることにいたしました。キャリアとしては投資側からはいったん足を洗って、また事業側へと転身します。

KEPPLEは企業のステージとしても非常にわくわくする状況でして、代表の神先さんからも熱心なお誘いがあり、某飲食店で口説かれた翌朝には正式なオファーレターがPDFで届くというスピード感にもまた惹かれました。

元々は、昨年のKEPPLEの資金調達の際に、代表の神先さんが僕のTwitterへDMを送ってきたことが出会いのきっかけでした。その時は出資に至らなかったのですが、その後も他のキャピタリストやスタートアップをたくさんご紹介いただいたり、今回の転職活動の間にも、僕の職務経歴書を他のCVCに紹介してくれたりしていました。

そんな中、そのKEPPLEに入るという顛末もまた面白いと思っています。

KEPPLEのメインサービスは知る人ぞ知る「FUNDBOARD」ですが、僕自身としては、スタートアップとその支援者達(VC・CVC・証券・会計・税務など)が集える、スタートアップエコシステムの皆さんにとって極めて有益なプラットフォームを新規に創っていく予定です。

これからもスタートアップと密に関わることには変わりないばかりか、投資側だったときみたいに「出資しない」で関係が終わると言うよりは、みんながIPOやM&Aを実現できるまで応援できるようなサービスにしていくので、末永くお付き合いいただければと思います。

支援側(VC・CVC・証券・会計・税務)の皆様にもスタートアップに関連した有益な価値を提供できると思いますので、6月からさっそく色々とお話しさせてください。

最後にKEPPLEの記事を数点掲載してご報告を終わります。これからもご指導ご鞭撻のほどお願いします。

-----
『ケップル、日本経済新聞社などから総額2.7億円の資金調達』
https://thebridge.jp/2018/12/nikkei-kepple

『「FUNDBOARD」運営が日経と資本業務提携』
https://jp.techcrunch.com/2018/12/04/kepple-nikkei/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート代は大好きなスタートアップへの取材費に充てさせていただきます

ありがとうございます!これからも頑張ります!
1

藤原弘之(ケップルアカデミー総合プロデューサー)

1977年大阪生まれ。GCP出資のスタートアップ(M&AでExit)経由。工学部卒経営学修士。元ゴリゴリのプログラマーで元ベンチャーキャピタリスト。スタートアップやその支援業界の発展に尽力しています。FC東京SOCIO11年目兼ビッグフレームス。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。