ゆみオゆみコ

満男は生きる

朝からこれを何回も観ては、とうとう泣いてしまっている。 あの頃、自分は子どもで、一番おちびで、まわりには、がやがやと、たくさんのおもしろい大人たちがいたのに、ひ...

夏が終わっても、私は続く

8月31日というのは、夏の終わり、すなわち、青春の終わりの日でもある、と、私はずっと思っている。神聖かまってちゃんが、『8月32日へ』というタイトルのアルバムを出した...

ずっと同じ物差し

最近、いやもう少し前に、友達が、食べることに関して、少し正常の域を超えるようになってきてしまって、初めて、精神科の門を叩くことになった。 そこで、彼女は、”普通...

不滅の少女たちからバトンを受け取りたいと思います

生まれも育ちも少女だった女の死因は”少女”だった。 一生少女として生きて、その生き様を私たちに見せてくれた。かなり、強い志と高い誇りがないと、それはかなりむずか...

賢明だった

捨てたものは、捨てたくないものだった。 毎日、パンパンにした紙袋2つを両手に、私は、12th Avenueを、スリフトストアのValue Villageまで、15分、まっすぐ、歩いて行っ...

風をあつめて青空を駆けたかったんだ

柘榴坂を上がって 高輪抜けたら そこは もう白金台 風街はどこだ 私は探す ソニーの子供用のウォークマン 白いお豆の形 けいちゃんと藤原さんが 18歳のお誕生日にくれたや...