西武・そごうの広告について女性の広告屋は「怒ってくれてありがとう」と思いました。

西武・そごうの広告について、女性の広告屋として思ったことを、どうか言わせてください。結論から言うと、怒ってくれてありがとうございます。

●第一印象

あれ?どっかで邪魔が入ったのかな?と思いました。
もしかしたらチーム内に女性がいたのかもしれない。
でも、なにかがあって、やろうとしてることが頓挫したのかな。
コピーライターとアートディレクターの意思の疎通ができなかったんだろうか?他にもビジュアル案はあったけど、インパクトを重視しすぎたんだろうか。もしかしたら、クライアントさんに何か言われたのかもしれない。
クリエイティブディレクターが男性で、コピーを書き直させたのかな。
いまをときめく女優さんを使っておきながら、顔を映さないのって、クリエーティブと思ったんだろうか。志の高そうな出発点の広告だったのに、なんて勿体ないことをしたんだろう・・・

●反響を見て思い出した過去の仕事

私は数年ほど前、女性差別の問題が取りざたされ始めた頃に、
「女性を応援する」メッセージというお題で、怒る女性の企画を社内で出したことがあります。まあ通らないだろうと、分かっていたけれど。
男性社員さんは凍りついていました。そしてやっぱり通りませんでした。
結局、女性を応援する男性の企画になりました。
よく見ませんか?
女装をした男性に女性の言葉を代弁させたり、家事をする男性や、女性をチヤホヤしてくれるイケメンのCM。
その表現自体は、とても素敵だし、大好きだし、抜群に効果があると思います。ただ、そのような「女性の側にいる男性」だったり「健気にがんばる女性」を描いた表現の方が、「怒っている女性」の表現より、安心するのですよ。広告屋さんも、企業の人も、きっと世の中の多くの人も。
あのとき、広告屋さんは、世の中の人が受け入れてくれるものを作るプロなので、受け入れてもらう企画を作るのは、当然のことだと思いました。
あれから数年たったいまでも、女性の権利をど直球で訴える広告をプロとして作るのは、とても難しいことだと思います。本気でやるなら、チーム編成や決済のプロセス、ジェンダーの勉強会など、入念に準備をしていかなければいけない。

●広告業界には女性嫌悪が染みついている だから気づけない

きっとこの仕事をした人は、男女関係なく、男性優位なコピーライター業界で評価される広告をいっぱい作って、がんばってがんばって、その末にこの仕事を勝ちとったはずです。
この広告に対する、業界人からの評価が高いのもわかります。
いままでも、男性クリエイターが作る、女性を応援する広告は、その気がありましたもの。男女平等を訴えるのに、なぜかJK出したり、ムダにエロくしたり。女性を応援するといいながら、女性をバカにしたり、劣等感をあおったり。そういう広告は、世の中の人のために作られてるというよりも、
男性中心のサラリーマン社会で通るため、または男性中心の広告クリエーティブサロンで評価されるために作られてることも多いのです。本気で女性の立場を改善しようとする人たちから反感を買うのは、自然なことだと思います。広告業界にいて、女性嫌悪に手を染めないでいられる人なんていない。私も含めてそうです。でも、だれも、まさか自分たちが、女性を嫌悪してると思ってない。女性というのは当然、自分たちを敬い、憧れ、尊敬するもんだと思っている人もいます。そして広告業界の女性も、女性自身をバカにして、自分の首を締めてる。だから、広告業界の人たちは、まさかここまで多くの人が憤るなんて、想像できなかったのかもしれません。
いまもし、なぜこの広告がダメだったのか、もう2度とこんな事例を作らないようにジェンダー勉強会を開いても、どうしたんだこいつ?と思われるでしょう。少なくともトップクリエイターさんたちは来てくれないでしょう。彼らにとっては、男性中心の広告クリエーティブ業界こそが、もっとも大切にすべきものだから。

●悲しいけれどお客様に怒ってもらうしかない

広告の企画を話し合う会議室に、女性はそもそも入れない。
いても声が出せない、届かない。私もできなかった。ごめんなさい。
だったら、お客様である女性に怒られて気づくしかないんです。
悲しいけれど。
それが今回のような、女性を応援するために作った広告っていうのが、残念で仕方ないんですけど。
広告屋さんもクライアント様も、少しだけでいいので、世の中にはこれで怒る人々が少なからずいることに気づいて欲しいです。


※追記

記事を書いてから1ヶ月経ったので、自分なりの活動報告をします。

・私が関わる数少ないプロジェクトに関しては、道を踏み外さないよう注意しています。

・セクハラが女性や社会に与える影響について社内で発表することができました。

・社内で連携できる仲間を探しています。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

558

笛美

人権

人権のこと。主に女性問題のことが多いのかも。

コメント1件

ないす
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。