①じぶんは男としても女としても、不良品だと思っていた笛美。

私は、20代から30代にかけてのあいだ、
自分は男性としても女性としても、不良品だと感じていました。

いま思えば、そもそもジェンダーは2つだけじゃないし、
突っ込みどころが満載なのですが、本当にそう思っていたのです。

さらにその時期、私はあきらかに女性嫌悪をしていました。

どのように私は女性嫌悪に陥っていったのか、
そして抜け出そうとしているのか
を振り返りたいと思いました。

2000年代の「痛い女」のメシウマとして、
ご覧いただくのも一興かと思います。

●負けることのできない 愛されねばならない戦いがそこにはあった

新人の頃の私は希望に燃えていました。
私のいる場所は、他にも来たかった人がたくさんいる、恵まれた場所。
ただでさえ仕事のクオリティの低い新人なのだから、
せめて企画の数をたくさん出さなければいけない。

すべての打ち合わせで、すべての案だしで、
自分の案こそが勝たなければいけない
自分の全てをさらけ出して、
かわいがられる存在になりましょう。

きっと私にはできると思っていました。

●仕事自体はとても楽しかった

私の職場は、男性の総合職がほとんど、
女性総合職は数名、あとは派遣社員さんという職場でした。
先輩たちは9割が残業をしており、会社に住んでいるような人もいました。早く帰るおじさんも居ましたが、やる気ない人と言われていました。

みんなで夜ごはんを食べにいって、会社に帰ってまた仕事をする日々。
私は会社というより家族っぽい感じがうれしくて、
残業も進んでやっていました。
先輩に案をテーブルから落とされたりとか、シビアな争いがありました。
でも、いっぱい企画を出すことも、企画が形になっていくのも、
とても楽しかったです。

●広告の影響

広告が心に及ぼす影響には、いま思えば計り知れないものがありました。
あの頃、お母さんの献身を礼賛する広告に、感動して涙していました。
おばさんがダメ亭主をバカにしてる広告に笑ったり、
男性のやんちゃさを描いた広告にクスッとしたりしました。
よくあるな〜と思ったのが、女の子が生まれて、女子高生になって、
OLになって、結婚して、お母さんになって、そこから一気におばあちゃんになる広告。あと、その男バージョン。

私は女性だったので、女性むけの商品を担当することが多かったです。
でも女性向けの商品は、あまり業界で評価されることが少ないように見えました。やんちゃだったり、テクノロジーを使っていたり、アーティスティックだったり、思い切りネタにふった広告の方が、業界ウケもするようでした。私もそんなかっこいい面白い広告を作って、名前をあげようと狙っていました。

●セクハラは気にならなかった
セクハラのようなことも、いま思えばありました。
顔や体型や服装について言われたり、恋愛経験がないことを揶揄されたり、金曜日の夜に仕事をしていると「終わった女」と言われたりしていました。出張中の先輩が忘れ物をしたというので、ホテルの部屋について行ったら、「セックスするために来たんでしょ」と言われたこともありました。酔っ払ったプロデューサーに、背中やお尻を触られたこともありました。

そういうのも笑顔で受け流すのが、いい女だと思っていました。当時、女性の同僚との関係がうまくいかなかったこともあり、だからこそ味方を作っておきたいと思ったのかもしれません。

いちど男性の先輩が、私が飲み会でされていたセクハラを見かねて
大丈夫?止められなくてごめんね。あれはひどいセクハラだよ。
と言ってくれたことがありました。
大丈夫ですよ!ぜんぜん平気です。
とニコニコして返しました。職場の人の仲間でいられなくなるよりは、ぜんぜん平気なことでした。

●居場所が職場にしかなかった

私は会社に入ったことで、地元の親しい友達と離れることになりました。
そして会社だけが、世界の全てになっていきました。
早く結果を出したくて、認められたくて、
みんなの仲間になりたい私に、休んでいる暇などありませんでした。
土曜日も、日曜日も、会社に来ていました。
会社に来れば、いつも仲間や先輩がいて、
がんばってるね」と言ってもらえました。
楽しいことや、ラクをすることを自分に禁じました。
お風呂に入ったり、平日にぐっすり寝たり、友達と遊ぶことは、
自分にはふさわしくないと思いました。
孤独な心を紛らわせるために、浪費をしました。
友達は約束しなければ会えないけれど、
商品はお金を出せばいつでも買うことができました。

朝の通勤ラッシュの街と、深夜の誰もいない街
それだけが私の見る外の世界でした。
スーパーも銀行もお役所も、仕事が終われば閉まっていました。
それは、まともな日常生活ができないということでした。仕事が忙しいという理由で、免許も落としました

徹夜をして会議室で寝ていたとき、朝5時くらいに警備員のおじいちゃんが見回りに来ました。
若い女の子が、こんなに働いちゃいかん。何か思いつめてないかい?
はりつめた心が溶けて、涙が出ました。
大丈夫です。私は平気です。」と言いました。
そんなおじいちゃんも、2年後には定年で居なくなってしまいました。

黒歴史②キャリアと出産のダブル時限爆弾を抱えた20代の笛美。



31

笛美

ミソジニー黒歴史

こんにちは、笛美です。恥ずかしながら、私は過去に女性嫌悪に染まっていた時期があります。どのように人は女性嫌悪に染まるのか、そのことで、どんな弊害があるのか、そしてどんなプロセスで回復しようとしているのかを知っていただきたいと思い、マガジンを作りました。次の世代が見る景色が、...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。