ギャグ漫画の話

「ギャグ漫画の話」
http://d.hatena.ne.jp/tkfj05/

「ギャグ漫画の話」(旧題:ギャグ漫画のヒント)とは、2012年から2013年の丸2年のあいだ、4コマ1本さえ描けないスランプだった24歳の頃に、非公開の「はてなダイアリー」で自分のためだけにコツコツまとめていた自己流のギャグ漫画の教科書です。色々な本やラジオからの引用も含めて約10万字、本一冊ぶんぐらいのボリュームがあります。

以前は無料で公開していたのですが、これはギャグ漫画を描いてる人や笑いに狂ってる人、創作をしてる人、こういう話によっぽど興味がある人だけ読めばいいものだと思ったので、有料公開にしました。

「ギャグ漫画の話」目次
----------------------------------

まえがき
第0章 心構え
第1章 いいギャグ漫画は、おもしろくありながらおもしろいことをする
第2章 キャラクターは生きている~奇をてらってると言われたら~無自覚な目~嘘の共有のために
第3章 話のスジにとらわれすぎず、空気を積み上げてゆけ
第4章 演出~描き続ければスタイルは見えてくる~トレードマークキャラクター~見られ方に理想を持つな
第5章 優れたツッコミとはむき出しの感情である
第6章 ギャグの心得、コメディの心得~ついでに作者の心得
第7章 非日常的な日常から、非日常への飛躍~ケレン味のバランス~あるある感~フィクションライン
第8章 ナンセンスについて~ギャグ漫画の分類~ギャグ漫画家が狂わないために~ベタの強さ~あせらずにいこう
あとがき「舞台に上がれ!」
「ギャグ漫画の話」で引用した主なBOOK24冊
「ギャグ漫画の話」では引用してないけど影響や刺激を受けたBOOK11冊

----------------------------------

「ギャグ漫画の話」(http://d.hatena.ne.jp/tkfj05/)を見るには合言葉が必要となります。当ノートを購入後、この下に表示されます。合言葉はTwitter等に書いたりしないようお願いいたします。

***

この続きをみるには

この続き:8文字

ギャグ漫画の話

藤岡拓太郎

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25

藤岡拓太郎

おきにいり2

おきにいりのノートをあつめるよ
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。