[落語漫才] だくだく(当て書き:ロケット団)

三浦昌朗:今日は最初に言っておきたいことがあるんですよ

倉本剛:なんですか?

三:オチです

倉:ダメでしょ

三:なんでだよ。ここに出てきて言いたいことを言う,それが漫才だろ

倉:そうですけど,漫才のオチを最初に言うのだけはダメですよ

三:なんでダメなの?

倉:オチって分かってます?

三:分かってるよ。今日の漫才のオチは…

倉:だから言うんじゃないよ

三:どうせ言うんだからいいでしょ,いつ言っても

倉:いやいやいや,いつ言うかが大事ですからね

三:今でしょ!

倉:今じゃないでしょ!絶対に今じゃないでしょ

三:通常は最後の方に言うっていうのは知ってますよ

倉:「最後の方」じゃなくて,一番最後ですから。「絶対に一番最後に言う」って決まってますから,オチは

三:でも俺オチが大好きだからね,何回か言いたいんですよ

倉:だからダメだって言ってんの。何回も言ったら最後のオチが落ちなくなりますから

三:それでも落とすのが漫才師だろうが

倉:名言っぽく言ってますけど,「好きだから最初にオチを言いたい」なんて漫才師として最低ですからね

三:いいオチだったら何回言っても落ちますから

倉:「いいオチ」かどうかの問題じゃないの。絶対落ちないから。絶対にやめてくださいよ

三:分かりましたよ。じゃあオチはちゃんと最後の方にいいますよ

倉:「最後の方」じゃない!一番最後!

三:分かったから。一番最後ね。でも俺ほんとオチが大好だから,当然落語も大好きなんですよ

倉:オチがある話,それが落語ですからね

三:だから今日は落語をやりたいなぁと思ってまして…

倉:落語をやりたい?何言ってるんですか?我々もうこうして二人で出てきちゃってますからね

三:こうなったら二人でやるしかないだろ

倉:二人で落語を?落語っていうのは一人でやるもんですからね

三:分かってるよ。俺は今日一人で落語やろうと思ってたのに,お前がついてきちゃったんだろ

倉:「ついてきちゃった」っていう言い方ひどくないですか?私相方ですからね

三:こうなったらしょうがないから「一緒に落語の演目やらせてやる」って言ってんだよ

倉:なんで上から目線なんですか。ちなみになんの演目ですか?

三:古典落語の「だくだく」っていう演目なんですけどね,みなさん知ってますかね

倉:牛丼の話ですか?

三:「つゆだく」だろそれは

倉:牛丼のつゆが「だくだく」っていう話じゃないんですか?

三:「古典落語だ」って言ってんの。古典にすき家とか松屋とか吉野家が出てくるわけないだろ

倉:じゃあ何が「だくだく」なんですか?

三:血ですよ

倉:血がだくだく出ちゃうっていう話?ホラーですか?

三:ホラーじゃないよ。「槍で脇腹突かれて血がだくだく出たつもり」っていう話

倉:「出たつもり」っておかしいでしょ。槍で脇腹突かれたら絶対血がだくだく出ちゃいますよねぇ

三:槍で突かれたつもりで,血もだくだく出たつもりなんだよ

倉:なんなんですか,その「つもり」って

三:そういう話なの。家財道具を全部売っちゃった男が壁一面に白い紙を貼って,そこに豪華な家財道具を描いていい暮らしをしてるつもりになっているっていう話。ある日その男が寝ていると,泥棒がやってきて盗もうとするんだけど,どれも壁に描いた絵だから盗めない。そっちが「あるつもり」で暮らしてるならこっちも「盗んだつもり」になってやろうってことで,風呂敷を広げたつもりになってそこにいろんなもの入れたつもりで盗んだつもり。それに気づいた男はずいぶん粋なことしやがる泥棒だってことで泥棒と格闘するつもりで絵に描いた槍を持ったつもりで泥棒の脇腹に突き刺したつもり。泥棒は「やられた。脇腹から血がだくだく出た……つもり」

(拍手)

三:どうもありがとうございます。これを今からやるから

倉:もう全部言っちゃったでしょ

三:言いましたよ

倉:しかもオチまで言いましたよねぇ

三:そうですね。「脇腹から血がだくだく出た……つもり」,これが「だくだく」という落語のオチです。このオチが大好きなんですよ

倉:だからなんで先にオチを言うの?

三:お前が「どんな話か知らない」って言うからだろ

倉:それを今からやるんでしょ?

三:やりますよ

倉:これからやるネタのオチを最初に言っちゃダメだって言ってるじゃないですか

三:それは漫才のオチの話だろ?これは古典落語だから大丈夫だって。知ってる人はみんなオチ知ってますから。知ってるけど知らないつもりで聞く,それが古典落語のマナーですからね

倉:知らないつもりで聞いてくださるお客様のためにも最後までオチを伏せておくのが漫才師のマナーでしょうが。先に聞いちゃったら落ちなくなるって言ってるでしょ

三:やってみないと分からないでしょ

倉:これもう絶対落ちないですよ。落ちなかったらどうやって漫才終わればいいんですか。僕たち帰れないですよ

三:その時はお前……,謝って帰るしかないだろ

倉:謝って帰る!? 漫才の最後に「申し訳ございませんでした」って言って帰るんですか?

三:まぁ大丈夫だから。それでも落とすのが漫才師だから

倉:カッコつけて言ってますけど,自分でどんだけハードル上げてるか分かってます?自分だけ謝ってくださいよ。こんなに前もってオチ言っちゃったら絶対落ちないですからね。私は謝りませんよ

三:分かったから。お前は謝らなくていいから。とにかくやってみないことには分からないから,落ちるか落ちないか

倉:分かりましたよ。じゃあここが白い紙を壁一面に貼った部屋のつもりで,家財道具の絵を描くつもりの芝居をすればいいんですか?

三:いや…そこからやると長くなるから,もう絵はすでに書いてあるつもりで,そこに寝てるつもりの芝居をやってくれればいいから。俺は泥棒になったつもりで入ってくる。で,最後に,そこに描いてあるつもりの槍があるつもりで,その槍で泥棒になったつもりの俺の脇腹を刺したつもりの芝居をすると

この続きをみるには

この続き:1,987文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは,いろいろな漫才師のみなさんで当て書きさせていただいた漫才台本を集めたものです。マガジンなら,単体購入の約半額で購入できます。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際...

または、記事単体で購入する

[落語漫才] だくだく(当て書き:ロケット団)

藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

"職業"として消えつつある「漫才作家」という仕事を成立させるため,いろいろな売り方や企画などにチャレンジしています。「漫才作家」の存続を支援してくださる方からのサポートを,ありがたくお受けしております。サポートの際,ご質問などありましたらご記入ください。必ず返信いたします。

オチは落としたいタイプですが,落し物は拾いたいタイプです
3

藤澤俊輔の「漫才台本」

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際のコンビのネタではありません。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisaw...

コメント1件

後半部分はご購入して読みください。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

これはフリー台本ですので自由にお使いいただけますが,サポートしていただけると活動を続ける上でとても助かります。よろしくお願いします。

ご購入履歴:2018 12/20s
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。