[創作漫才] サプライズ(当て書き:和牛)

水田信二:最近,芸人仲間で話し合いましてね…

川西賢志郎:はいはい

水:今度,「川西への感謝の言葉を書いた色紙とプレゼントを渡そう」ってことになったんですよ

川:え?それ俺に言うてもええの?

水:え?「サプライズ」って言うてたから…,大丈夫じゃない?

川:ダメやろそんなら。「サプライズ」って意味分かってんの?それ渡されても俺もう驚けないからね

水:でもそこは「サプライズ」やから。驚いたほうがええって

川:無理やろ。お前がすべてを台無しにしたんやないか

水:でも,「感謝の言葉を書け」って言われてもねぇ,全然思いつかないんですよ

川:だからそういうことも俺に言うなよ

水:こういうのって何書けばいいの?

川:アホなんかな?俺がそれに答えて今言うたことをお前が書いてそれを俺がもらって読んだところで俺は全然うれしくないやろ

水:でもお前だって,「川西への感謝の言葉を書け」って言われても困るやろ?

川:あたりまえや。俺は川西や。川西本人や。川西に「川西への感謝の言葉書け」って頼むこと自体がおかしいやろ

水:それは僕だって同じじゃないですか

川:同じやないわ。お前川西ちゃうやろ

水:ほんならお前は,「川西への感謝の言葉を書け」って圧力かけられてないの?

川:あたりまえや。「俺は川西本人や」言うてるやろ。っていうか「圧力」かけられてんの?

水:圧力すごすぎて胃が痛い。ストレスで

川:なんでそんな嫌がってんねん。俺への感謝の言葉書くの。っていうか誰に圧力かけられてんねん

水:それは口が裂けても言えませんよ

川:なんでやねん。言えないくらい怖い先輩芸人に圧力かけられてんの?

水:そこはサプライズやから

川:誰に圧力かけられてるかがサプライズって…,なんか怖ない?

水:「プレゼントは何がいいかをこっそり川西から聞いてこい」ってその芸人至上最強に恐ろしい先輩に言われてるんやけど…

川:誰やねん,その「芸人至上最強に恐ろしい先輩」て

水:プレゼント何がいい?

川:大丈夫なん?芸人至上最強に恐ろしい先輩に「こっそり聞いてこい」って言われたんやろ?直接聞いてもうてるやん

水:あっ!しまった!

川:「あっ!しまった!」やないよ

水:絶対黙っといてな。俺がお前にこっそり聞いたこと

川:だからこっそり聞いてないやろ。直接聞いてるんやから

水:こっそり聞いてるやん。ちゃんと他の芸人さんがいなくなったのを確認してから,こうしてお前に聞いてるんやから

川:「こっそり」言うのは俺に対する「こっそり」や

水:お前に対するこっそり?お前にこっそり「プレゼント何がいい」って聞くってこと?そんなん無理やん。「プレゼント何がいいか川西に聞いてこい」言われたんやから。何?もっと小さい声でこそこそっと聞けってこと?

川:ちゃうわ。「プレゼント何がいいかこっそり聞いてこい」っていうのは,例えば,「俺最近これすごくほしいんやけど,お前はなんか買いたいもんある?」みたいにやな,間接的に聞くということや

水:えっ!? そういうことなの!?

川:あたりまえや

水:どうしよう。直接聞いてもうた。芸能人至上最強に恐ろしい先輩に言われたのに

川:なんでちょっと怖さ上昇してんねん。さっきまで「芸人至上最強」言うてたのに,「芸能人至上最強に恐ろしい先輩」になってるやん

水:黙っててなこのことは。俺が上手にこっそり聞きだしたってことにして,プレゼントもらったときはめちゃめちゃ驚いてや

川:分かった分かった

水:で,プレゼント何がいい?

川:この状況で「プレゼント何がいい」聞かれてもやな,もらったときに驚かんといかんということを考えると…,もう家とかやな

水:家!? マイホームってこと?

川:そやなぁ。それやったら自然と驚けるわ

水:さすがにそれは無理やろ。日頃の感謝を込めて芸人仲間がお前に家プレゼントするておかしいやろ。お前もそんな家に住んでても落ち着かんやろし

川:まぁまぁ,それは確かにそやな。それやったら〜,手作り感あふれたもんとかもええな〜。世界に一つだけしかないものとか〜

水:そんなんでええの?

川:「そんなん」って…,気持ちがこもってていいんじゃないですかね〜

水:それならもうありますよ

川:あるの?

水:ネタ

川:「ネタ」って?漫才の?

水:ネタ帳に書いてあるネタをプレゼントしますよ。手作りのネタ

川:それは確かに手作りやろうけど…

水:世界に一つしかないですよ

川:あたりまえや。世界で二つ目やったらパクったネタやからね

水:「世界に一つだけのネタ」

川:スマップみたいなかんじで言うなよ

水:え?何?不満なの?

川:「不満」とかやないけど…,僕がイメージしてるプレゼントとちょっと違うかな〜思うて…

水:お金でしょ

川:え?なんですか?急に「お金でしょ」て

水:お前がイメージしてるプレゼントや。「お金がほしい」ってことやろ?

川:いやいやいや。「お金がほしい」なんて言うてないやないか

水:あぁそう。じゃあお金はほしくないのね

川:いやいやいや。「お金はほしくない」とも言うてないけど…。「お金がどうの」なんて人前で言うもんやないからね。それに,ほんとに手作り感あふれたものとか好きなんよ

水:それやったら,僕が手作りの何かを作るわ

川:お前が作んの?料理とか?

水:俺が料理作ってもあんま驚かんやろ?

川:まぁねぇ。いつも作ってますからね〜

水:だから,普段はあんまり作らんもん作るわ

川:相方の手作りっていうのもちょっと気持ち悪い気もしますけどね〜

水:でもお金だよ?

川:お金?偽札やろそれは。「手作りのお金」て

水:俺作るのうまいから

川:それはうまく作っちゃダメなやつや

水:うまくできたやつより,いかにも手作り感あふれてるほうがいいってこと?

川:「いかにも手作り感あふれたお金」って…,バレバレの偽札やないか

水:「世界に一枚だけのお金」のほうがええの?

川:どこで使ったらええねんそのお金は。絶対使えないやつやろ

水:ほんなら,使えるお金のほうがええの?

この続きをみるには

この続き:1,671文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは,いろいろな漫才師のみなさんで当て書きさせていただいた漫才台本を集めたものです。マガジンなら,単体購入の約半額で購入できます。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際...

または、記事単体で購入する

[創作漫才] サプライズ(当て書き:和牛)

藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「ストーリがあってオチが綺麗な漫才」がこの世の中からなくならないよう応援してくださるみなさんからのサポートをありがたくお受けしております。

好きな球種は,フォークとスプリットと縦スライダーです
1

藤澤俊輔の「漫才台本」

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際のコンビのネタではありません。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisaw...
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

後半部分はご購入して読みください。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

これはフリー台本ですので自由にお使いいただけますが,サポートしていただけると活動を続ける上でとても助かります。よろしくお願いします。

ご購入履歴:2019 6/30
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。