[漫才] トノサマガエルの不祥事(当て書き:銀シャリ)

鰻和弘:人それぞれ好きな食べ物ってあるやんか

橋本直:ありますね〜

鰻:何が好き?

橋:僕はたらこですね。僕は「たらこの話」でご飯3杯はいけます

鰻:たらこでご飯3杯いけるんやなくて,「たらこの話」でご飯3杯もいけんの?

橋:もちろん,たらこでもご飯3杯…いや…4杯はいけるから,「たらこの話」をしながらたらこ食べたら,合計でご飯7杯はいけますね

鰻:食べすぎや。お米食べすぎ。腹パンパンなるやろ

橋:それくらい「たらこが好きや」ということや

鰻:「たらこの話」すんのも好きなん?

橋:好きですね〜たらこについてやったら間違いなく1時間は語れますね〜

鰻:それやったらこれから語る?たらこについて

橋:ええの?めちゃくちゃ長なるよ。たらこについて語り始めたら

鰻:「たらことは何か」というところから語るからやろ?

橋:「たらことは何か」てなんやねん。何語ればええの?

鰻:「たらことは,たらこ唇によく似た食べ物のことで…」みたいなことから始めてやな…

橋:逆やろ

鰻:何が?

橋:「たらこ」あっての「たらこ唇」やから

鰻:「『たらこ』あっての『たらこ唇』」てどういうことや

橋:だから分かるやろ。「たらこ」が「たらこ唇」に似てるんやなくて,「たらこ」に似ている唇のことを「たらこ唇」と名付けたんやがな

鰻:誰が?

橋:それは知らんけどもやな

鰻:誰が名付けたのかも知らんくせに,よくもまぁそんな偉そうなこと言えるなぁ。「たらこ唇」に似ている食べ物を,「たらこ」と呼ぶようになった可能性もあるやろ

橋:あるわけないやろ。それはお前,「この鶏肉鳥肌立ってるな〜」言うてるようなもんやで

鰻:その例えはよう分からんけど,鶏肉ってだいたい鳥肌立ってますよねぇ。あれって,冷蔵庫にずっと入れられて冷えてもうたんやろな。冷蔵庫ん中寒そうやもん

橋:お前アホなん?

鰻:人前で「アホ」って言うな

橋:鶏肉のあのぶつぶつは,寒くて鳥肌立ってるんやなくて,鳥の羽をむしった跡や。寒いときなどに生じる人間の肌のぶつぶつが,その鳥の肌のぶつぶつによう似てるから,それを「鳥肌」と呼ぶようになったんやないか

鰻:誰が?

橋:そのいちいち「誰が?」て聞くのやめてくれる?そこまでは知らんねん

鰻:ほんなら,「冷蔵庫の中の鶏肉は,あんなに鳥肌立つほど冷えきってしまってかわいそうやな〜」って思う必要ないの?

橋:あたりまえや。今までそんなこと思ってたん?

鰻:いつも心配なんや俺は。鶏肉のことが

橋:お前は何を心配してんねん。なんなんですか,その親心にも似た鶏肉に対する愛情は。親鳥かお前は。とにかく,「鳥」あっての「鳥肌」。「たらこ」あっての「たらこ唇」やから

鰻:それはあれか。「殿様」あっての「トノサマガエル」と同じことやな?

橋:え?何を言うてんの?

鰻:だから…,「殿様」が「トノサマガエル」に似てるんやなくて,「トノサマガエル」が「殿様」に似てるっていうのと同じ考え方ってことやろ?

橋:「同じ考え方」の前に,トノサマガエルって「殿様」に似てます?

鰻:似てるはずや。わざわざ「トノサマガエル」って名乗ってるわけやから

橋:どの辺が?

鰻:「どの辺」て…,まぁ〜あの〜,「殿様」いうたら,責任の取り方とかやろ

橋:責任の取り方!? なんやねん「責任の取り方」て。トノサマガエルの話やで?

鰻:殿様の責任の取り方といえばあの〜…,切腹や

橋:何?切腹?

鰻:潔く腹を切って責任を取る。それが殿様のあるべき姿や

橋:殿様の場合はそうかもしれんけどもやなぁ,トノサマガエルの話やから。トノサマガエルの場合は「責任取る」とかないやろ。あいつらカエルやから。責任取るような重要な任務任されてないやろ

鰻:トノサマガエルだって時には責任取らんといけない場面もあるやろ

橋:あります?そんな場面。トノサマガエルが「責任」て

鰻:時にはあるやろ

橋:「時には」ってどういう時や

鰻:分からんけど,例えばあの〜…,不祥事とかや

橋:不祥事!? トノサマガエルの不祥事!? どんな不祥事やそれ。「トノサマガエルの不祥事」て

この続きをみるには

この続き:3,330文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは,いろいろな漫才師のみなさんで当て書きさせていただいた漫才台本を集めたものです。マガジンなら,単体購入の約半額で購入できます。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際...

または、記事単体で購入する

[漫才] トノサマガエルの不祥事(当て書き:銀シャリ)

藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「ストーリがあってオチが綺麗な漫才」がこの世の中からなくならないよう応援してくださるみなさんからのサポートをありがたくお受けしております。

毎日道端に落ちているネタを拾っては落としています。それがオチ屋です

藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)

2012年よりフリーの漫才作家としてネットで漫才台本を販売。プロの漫才師や落語家の方にも台本を提供。これまで台本を100本以上書いています。劇団によって演劇化された台本もあります。一生使える漫才台本を書きます(永久無料のアフターケア付) 漫才をこよなく愛する人を探しています

藤澤俊輔の「漫才台本」

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際のコンビのネタではありません。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisaw...

コメント1件

後半部分はご購入して読みください。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

これはフリー台本ですので自由にお使いいただけますが,サポートしていただけると活動を続ける上でとても助かります。よろしくお願いします。

ご購入履歴:2019 6/30
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。