[落語] 靴屋は靴を履かない

客:すみませ〜ん

靴屋:はいはい,いらっしゃいま…あれ?どうされたんです?

客:え?何がです?

靴屋:いや,何しに来られたのかと思いまして…

客:「何しに」って……,靴を買いに来たに決まってるじゃないですか

靴屋:え?そうなんですか?

客:当たり前でしょ,靴屋に来たんですから

靴屋:いやでもお客さん靴履いてるのでね…

客:いや…,履いてますよ,そりゃあ

靴屋:(笑)だったら靴いらないじゃないですかぁ〜

客:何を言ってるんですか?

靴屋:いやだって…,靴を履いてない人が靴を買いに来るんなら分かりますけどね,靴を履いてる人が靴を買いに来るなんてねぇ。そんな話聞いたことあります?

客:いやいや…,聞いたことあるも何も,普通みんな靴履いて靴買いに靴屋に来ますでしょ

靴屋:あ〜,二足目ってことですね?

客:何足目かは知らないですよ。それは人それぞれだろうし

靴屋:そうなんですか?

客:でも確実に「二足目」ではないですけどね

靴屋:え?じゃあお客さんもしかして?今日は靴を買いに来てくださった?

客:だからさっきからそう言ってるじゃないですか

靴屋:いやぁ〜そうでしたかぁ〜。それは奇遇ですねぇ〜

客:奇遇って?

靴屋:いやぁ私も今ね,丁度「靴を売りたいなぁ〜」って思ってたところなんですよ

客:……。あのねぇ…,そういうことあんまりお客に言わないほうがいいですよ

靴屋:え?なんでです?私は「靴を売りたいなぁ〜」って思ったから,靴屋になったんですよ

客:分かってますから,言わなくてもそれは

靴屋:そうなんですか?お見通しってことですか?

客:それを「お見通し」って言うのかはよく分かんないですけど…,それとねぇ…

靴屋:はい,なんでしょう

客:ご主人,なんで靴履いてないんです?

靴屋:え?何がです?

客:だから,ご主人靴屋なのに「なんで裸足なんですか?」って聞いてるんですよ

靴屋:なんで裸足かって?

客:えぇ,なんでなんです?

靴屋:お客さ〜ん,私を誰だと思ってるんです?

客:誰って…

靴屋:靴屋ですよ

客:分かってますよ

靴屋:いや,分かってない。分かってないからそういうこと聞くんですよ

客:どういうことです?

靴屋:靴屋に向かって「なんで裸足なのか」って聞くなんておかしいでしょ。いいですか,靴屋っていうのは,靴を売る人のことを言うんですよ

客:分かってますよ

靴屋:つまり,靴を売る側の人間ってことです

客:だから分かってますって

靴屋:靴を売る側の人間は靴を履かない。当然のことでしょう

客:いや,別に靴を「履く側の人間」と「売る側の人間」って分かれてないでしょ

靴屋:何を言ってるんですか。例えばね,お客さん,寿司屋に行ったことあります?

客:ありますよ,そりゃあ

靴屋:寿司屋に行くと,寿司を「握る側の人間」と「食べる側の人間」っていうのがいるでしょ。寿司を握る側の人間,つまり板前さんがもし寿司を食べながら寿司を握っていたらどうです?嫌でしょ。嫌じゃないですか?

客:そりゃ嫌ですよ

靴屋:同じことですよ

客:……

靴屋:寿司を握る側の人間が,寿司を食べながら寿司を握っていたらお客さんは嫌な思いをする。だったら靴を売る側の人間が靴を履きながら靴を売っていたらきっとお客さんは嫌な思いをするだろうと思いましてね,私はいつも裸足で靴を売っている,というわけなんですよ

客:裸足で靴を売ってる方が気になると思いますけどねぇ…

靴屋:え?なんです?

客:いや別に…。じゃあご主人は,靴を売る時だけ裸足なんですね?

靴屋:どういうことです?

客:だから,普段は靴を履いてるんでしょ

靴屋:履いてないです

客:履いてない?

靴屋:はい。裸足ですね

客:裸足!?

靴屋:えぇ,私はいつでも裸足です

客:「いつでも」って…,どこかに出かけるときも裸足で行くんですか?

靴屋:えぇ,どこへ行くにも裸足ですね

客:なんで?

靴屋:なんでって,裸足のほうが気持ちいいでしょ

客:まぁ…そうですかねぇ…

靴屋:靴なんて履いてたら蒸れたりなんかしてねぇ,嫌ですからね

客:あの〜…,じゃあなんで靴屋やってるんですか?

靴屋:それは「靴を売りたいなぁ〜」って思ったから…

客:そういうことじゃなくて,「自分は靴を履くのが好きじゃないのになんで靴を売る仕事を始めたんですか?」って聞いてるんですよ

靴屋:あぁ,それは世のため人のために決まってるじゃないですか

客:世のため人のため?

靴屋:そうですよ。私は靴を履くのは好きじゃないですけどね,普通の人は好きなんでしょ,靴履くの

客:まぁ,好きっていうかねぇ〜,ないと困りますよ

靴屋:でしょ。だから私は「ぜひ皆様のお役に立ちたい」という思いで,靴屋を始めたんですよ

客:そうなんですか?

靴屋:そうですよ

客:それなりの志を持ってやっているということですか?

靴屋:当たり前じゃないですか。そんなことよりねぇ,お客さん, 丁度いいところに来てくれましたよ

客:え?なんです?今日丁度安売りの日?

靴屋:いや,私今ね,丁度「靴を売りたいなぁ〜」って…

客:思ってたんでしょ

靴屋:なんで知ってるんです?

客:さっきも聞きましたから

靴屋:私はねぇ,「靴を売りたいなぁ〜」って…

客:思ったから靴屋になったんでしょ

靴屋:それも知ってるんですか?なんでもお見通しなんですねぇ〜

客:……

靴屋:でも,お客さんだって丁度「靴を買いたいなぁ〜」って思ったから,今日こうしてうちの店に来てくれたんでしょ?

客:まぁ,靴屋に来る人は大抵「靴を買いたいなぁ〜」って思った時に靴屋に行きますからね

靴屋:私が今丁度「靴を売りたいなぁ〜」と思っていたところに,丁度「靴を買いたいなぁ〜」って思っているお客さんがやって来た。こういうのを「運命的な出会い」って言うんですよね?

客:……。「買い物」って言うんですよ,こういうのを

靴屋:買い物?「運命的な出会い」って言うんじゃ…

客:あのねぇ,全然運命的な出会いじゃないですし,それにそんなことどうでもいいんですよ。こっちは靴を見たいんですから

靴屋:あぁ,そうですね。お客さん,今丁度「靴を買いたいなぁ〜」って思ってるんですもんね

客:だから早く靴を…

靴屋:分かってますって。そんなに焦らなくても靴は逃げたりしませんから。靴っていうのは意外にも,そこに足を入れない限り自分で歩いてどっかに行っちゃったりはしないんですよ

客:知ってますよ!早く靴を…

靴屋:はいはい。で,今日はどんな靴をお探しで?

客:あぁ,今日はねぇ,革靴が欲しいなぁと思いましてね

靴屋:革靴ですか。じゃあ,何革にするのかはもうお決まりですね?

客:え?何革?

靴屋:えぇ,そうです。もう決まってますでしょ?

客:何の革にするのかっていうのは前もって決めてくるものなんですか?

靴屋:そうですねぇ。まぁ,最低でも,何革にするのかくらいは家で決めてから来ますよ,普通

客:家で決めてから来ます?

靴屋:えぇ…。あれ?お客さん,もしかして初めてですか?

客:初めて?

靴屋:えぇ,初めてじゃないんですか?

客:何がです?

靴屋:いや,意外に靴のことあまり知らないみたいなんでね,靴を買うの初めてなのかなぁって

客:そんなわけないでしょ。履いてるでしょ,靴

靴屋:あぁ,そういえばそうでしたね。靴買うの初めてだったら裸足で買いに来ますもんね

客:……。さっきから聞きたいと思ってたんですけど…,裸足で靴屋に来る人なんています?

靴屋:まぁ〜,滅多にいないですね。同業者くらいでしょうね,裸足で靴屋に来るのは。偵察っていうんですか?

客:みんな靴履いてますからね,靴屋さんだって

靴屋:で,どうします?何革にします?

客:何革って…,普通牛革なんじゃないんですか?

靴屋:まぁそうでしょうね

客:じゃあ牛革で

靴屋:ちょっと待ってくださいよお客さん。うちはいろんな革で革靴を作るということにかなりのこだわりを持った靴屋なんですから

客:いろんな革って…,どんな革があるんですか?

靴屋:まぁそうですね。ワニ革やヘビ革はもちろん,今ねぇ,じわじわと人気を集めている革靴があるんですよ

客:へぇ〜,何の革でできた革靴です?

靴屋:みかんの皮でできた革靴

客:え?なんですって?

靴屋:だから…,みかんの皮でできた革靴

客:みかんの皮でできた革靴?

靴屋:えぇ。みかんの皮のビタミンCが足に染み込んで健康にいいという大変画期的な革靴でしてね…

客:画期的と言えば画期的ですけど,みかんの皮でできた革靴なんて聞いたことないですよ

靴屋:確かにね,まだあまり知られてませんからね。でもねお客さん,これから絶対はやりますよ

客:みかんの皮でできた革靴が?

靴屋:えぇ,絶対はやります

客:「絶対」って…

靴屋:絶対にはやります!

客:なんで言い切れるんですか

靴屋:それがねぇ,丁度今朝のニュースで履いてたんですよ

客:誰が?

靴屋:トランプさん

客:トランプさんて…,あのアメリカの大統領の?

靴屋:そう!あのアメリカの大統領のトランプさんが,みかんの皮でできた革靴を履いている映像が流れましてね…

客:え?トランプさん,履いてたんですか?みかんの皮でできた革靴を?

靴屋:そうなんですよ

客:スーツを着て,みかんの皮の革靴を履いてたんですか?

靴屋:私は映像を見てないんでね,詳しいことは分からないんですけど,まぁでもおそらくスーツでしょうねぇ。トランプさんはスーツしか着ないですからねぇ

客:普段は普段着着てるんじゃないんですか?トランプさんだって

靴屋:なぁ母さん,トランプさんが履いてたんだろ?みかんの皮でできた革靴

靴屋の妻:えぇ,履いてましたよ

靴屋:ほらね。で,トランプさんはスーツ着てたのかい?

靴屋の妻:えぇ,そうですよ

靴屋:ということは,スーツを着て,みかんの皮の革靴を履いてたってことだよなぁ

靴屋の妻:当たり前じゃないですか。トランプさんはスーツしか着ないんだから

靴屋:ほら,トランプさんはスーツしか着ないって

客:そこはどうでもいいんですよ

靴屋:まぁそれでね,今朝急遽,みかんの皮の革靴のトランプモデルっていうのを作ったんですよ

客:そんなにすぐ作れるんですか?靴って

靴屋:すぐ作れますよ。みかんの皮をうまいことむいて,靴の形にすればいいだけですからね

客:それはそれですごい技術ですけどねぇ

靴屋:これなんですよ〜

客:あぁ〜

靴屋:どうです?

客:これがトランプモデルですか?

靴屋:えぇ

客:……。意外にかっこいいですねぇ…

この続きをみるには

この続き:3,756文字

[落語] 靴屋は靴を履かない

藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「ストーリがあってオチが綺麗な漫才」がこの世の中からなくならないよう応援してくださるみなさんからのサポートをありがたくお受けしております。

オチ屋です。ちゃんと落とすよう,評判は落とさぬよう,精進いたします
2

藤澤俊輔の「落語台本」

落語は本職ではありませんし,得意でもありませんが,時々書いています。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

コメント1件

後半部分はご購入して読みください。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

これはすでに販売済みの台本で,フリー台本ではありません。噺家さんの許可をいただき演劇としても上演されています。何らかの形で使用したい場合は噺家さんの許可が必要ですので,ご一報ください。

ご購入履歴:2018 12/21 2019 5/3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。