[漫才] りきし(当て書き:ハマカーン)

浜谷健司:学生時代に得意な科目ってありましたか?

神田伸一郎:僕は「りきし」が得意でしたよ

浜:力士?

神:「りきし」が大好きな学生でしたからね

浜:学生で力士好きって珍しくない?

神:確かにみんなは休み時間に外で野球したりサッカーしてる中,僕はいつも教室で「りきし」の教科書読んでるような学生だったからね,ちょっと珍しいかもしれないですね

浜:力士の教科書なんてあるの?

神:そりゃあるでしょ

浜:何書いてあるんですか?力士の教科書って

神:何言ってんの?浜谷さんも見たことあるでしょ

浜:あるわけないだろ,力士の教科書なんて

神:どんだけ勉強さぼってたんだよ,「りきし」の教科書見たことないって

浜:誰ひとり見たことないだろ。力士の教科書だぞ

神:浜谷さん以外みんな見たことありますよ。必修科目だからね

浜:必修科目?力士だぞ

神:僕は「りきし」の教科書をほぼ毎日読んでましたけどね

浜:毎日力士の教科書なんて読んで楽しいのかよ

神:勉強っていうのは楽しくなくてもするもんでしょ。楽しいからって筋肉ばっかりつけてると浜谷さんみたいになっちゃうでしょみんな

浜:俺だって学生時代は勉強してたわ。子どものから筋肉ばっかりつけてたわけじゃねぇよ

神:それに「りきし」の教科書は結構ボリュームあるから,毎日少しずつ読んだほうがいいんですよ

浜:確かに力士はボリュームはありそうだよね

神:見たことないのに分かるの?ボリュームありそうとか

浜:力士の教科書は見たことないけど,力士と言えば普通ボリュームあるだろ

神:筋肉バカの浜谷さんでもそれくらいなら知ってるんだね

浜:筋肉バカって言うな。俺だってこう見えて結構頭使ってんだよ

神:瓦割ったりとかでしょ,頭で

浜:そういうことじゃねぇよ。計算とかもしてるからね

神:あ〜足し算とかね

浜:足し算もするけど,漫才のときだって笑いとるために計算してしゃべってるからね

神:それは言わないほうがいいんじゃない?そういうこと言うから筋肉バカだって言われるんだよ

浜:もっともだなぁ。「笑いとるために計算してしゃべってる」なんて漫才の最中に絶対に言っちゃいけないことだよ

神:そんなことどうでもいいんだよ。「りきし」の教科書はかなりのボリュームがあるからね,毎日5,6時間は「りきし」の勉強してたって話だよ

浜:毎日5,6時間も力士の勉強してたの!? やりすぎだろ。そんなに力士の勉強ばっかりしてたら親に心配されるだろ

神:「社会人になるとなかなかりきしの勉強する時間ないから学生時代にしっかり勉強しておきなさい」って言ってましたよ

浜:ずいぶん理解のあるご両親だねぇ。まぁ確かに社会人で力士の勉強している人はあんまりいないけどね

神:おかげで「りきし」のテストはいつもほぼ100点でしたね

浜:テストってあるの?

神:あたりまえでしょ

浜:あ〜あれね,部屋に入るためのテストね

神:部屋に入るためのテストってなんだよ。部屋に入ってからテストでしょ。なんで部屋に入るのにもテストしなきゃいけないんだよ

浜:力士の場合は,部屋に入るためのテストとかあっただろ

神:「りきし」だけ部屋に入るためのテストあるっておかしいでしょ。誰でも入れますよ部屋には

浜:あ〜あれかな?最近は部屋に入ってくれる人減ってきてるから…やめたのかな?部屋に入るためのテスト。じゃあ…,テスト勉強とかもしたの?

神:あ〜テスト勉強はかなりしたね

浜:どんな勉強?

神:基本暗記ですね

浜:暗記?何暗記するんだよ

神:何って…,それは「りきし」のすべてですよ

浜:力士のすべてを暗記するの?

神:すべてって言っても,日本の「りきし」と世界の「りきし」って分かれてるじゃないですか

浜:分かれてる?あ〜最近は世界の力士がどんどん増えてきてるってことだろ?

神:最近も何も,「りきし」っていうのは時と共にどんどん増えますよ。世界の「りきし」だって日本の「りきし」だって一緒でしょ

浜:日本の力士は減ってるんじゃないの?

神:「りきし」が減るってことはあり得ないでしょ。時が経てば経つほど増えていくのが「りきし」だからね

浜:いやいや…,力士が増えつづけたら困るだろ

神:困るって?

浜:ボリュームがあるからね,あまりにも増えすぎるとみんなの住む場所がなくなったりとか…

神:「領土問題」の話ね

浜:そういうのを「領土問題」っていうのかどうかはよく分かんねぇけど…

神:確かに「領土問題」は,日本の「りきし」でも世界の「りきし」でも主要な問題の一つだよね。まぁでも,日本の「りきし」と世界の「りきし」を比べると,世界の「りきし」のほうがずっと長いからね,その辺がなかなか難しいところなんだよね

浜:「長い」ってなんだよ。世界の力士の方が大きいってこと言ってんのかよ

神:大きさじゃないよ。長さが長いの

浜:なんの長さだよ

神:だから…,「りきし」の長さだよ

浜:「力士の長さ」ってなんだよ。力士の何が長いんだよ

神:何がとかじゃないんだよ。「りきし」っていうのは…その時代時代に起こった出来事っていうんですか?もっと言えばその時代に生きていた人々の生き様っていうのかな?そういうのが積み重なって形成されいく,それが「りきし」ですから

浜:力士ってそんな堅いかんじなの?俺の中ではもっとぷよぷよしたイメージですけどね

この続きをみるには

この続き:1,534文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは,いろいろな漫才師のみなさんで当て書きさせていただいた漫才台本を集めたものです。マガジンなら,単体購入の約半額で購入できます。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際...

または、記事単体で購入する

[漫才] りきし(当て書き:ハマカーン)

藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

"職業"として消えつつある「漫才作家」という仕事を成立させるため,いろいろな売り方や企画などにチャレンジしています。「漫才作家」の存続を支援してくださる方からのサポートを,ありがたくお受けしております。サポートの際,ご質問などありましたらご記入ください。必ず返信いたします。

面接と試験と審査は落ちませんように
5

藤澤俊輔の「漫才台本」

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際のコンビのネタではありません。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisaw...

コメント1件

後半部分はご購入して読みください。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

これはフリー台本ですので自由にお使いいただけますが,サポートしていただけると活動を続ける上でとても助かります。よろしくお願いします。

ご購入履歴:2018 12/21
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。