見出し画像

[漫才] ラーメンの注文の仕方(当て書き:サンドウィッチマン)

富澤たけし:食べ物の中でラーメンが一番好きなんですよ

伊達みきお:ラーメンはうまいですよね

富:昨日もラーメン屋に行ってきまして…

伊:おっ!いいですねぇ。何ラーメン食べたんですか?

富:食べてないです

伊:ラーメン屋行ったんでしょ?

富:行ったけど,ラーメン食べてないです

伊:なんでだよ。食べ物の中でラーメンが一番好きなんでしょ?

富:ラーメンが一番好きです

伊:で,昨日ラーメン屋に行ったんでしょ?

富:昨日ラーメン屋に行ってきました

伊:で,ラーメン屋で?ラーメンを?

富:食べてないです

伊:だからなんでだよ

富:どうもうまく注文が言えなくて,あきらめて食べずに帰った

伊:「ラーメンの注文がうまく言えない」っておかしいでしょ。「あきらめて食べずに帰った」っていうのもおかしいし。ラーメンが一番好きなんですよねぇ

富:「好きだからこそ言えない」みたいのあるじゃないですか

伊:なんだその恋心みたいなの。初恋か!

富:コンディションによってはうまく注文できない日もあるでしょ

伊:ないわ!

富:お前はプロだからだろ?

伊:プロってなんだよ。ラーメンを注文するプロってこと?そんな奴いないわ!

富:難しいんですよ注文の仕方が

伊:難しくないでしょ。テーブルの上のボタンを押せば来るでしょ,店員が

富:来なかった

伊:押したのに?

富:押してない

伊:押せよ

富:なんでだよ

伊:押さなきゃ来ないんだよ

富:なんで押さなきゃ来ないんだよ

伊:押したら来るシステムなんだから,押さなかったら来ないシステムなの

富:あ〜システム上の問題ね

伊:そんな大層な話じゃないんだよ。だいたいなんで押さないの?

富:「ご注文がお決まりになりましたら押してください」って言われたから

伊:決まらなかったの?

富:迷っちゃって

伊:何と何で?

富:ラーメンか寿司

伊:なんだって!?

富:だから…ラーメンにするか寿司にするかで迷ってたの

伊:何と何で迷ってんだよ!

富:だから…ラーメンにするか寿司にするかで迷ったって言ってん…

伊:ラーメン屋だろぉ〜!! お前が入ったの

富:ラーメン屋だよ

伊:だったらラーメンだろうが!

富:なんでお前が決めるんだよ。俺の注文を

伊:そのラーメン屋は寿司もやってんのか

富:そんなラーメン屋あるわけないだろ(笑)

伊:分かってるわ!

富:だったら聞くなよ!

伊:なんだこのトラップ。とにかく,ラーメンにするか寿司にするかっていうのは店に入る前に考えるべきことなの

富:入ってから迷っちゃダメなの?

伊:ダメだよ。ラーメン屋に入ったんならいさぎよくラーメンだろ

富:えぇ~チャーハンがいいよぉ〜

伊:チャーハンならありなんだよ!!

富:チャーハンはいいの?

伊:いいよ

富:だったら寿司だって…

伊:ダメだよ

富:どっちも米なのに?

伊:原材料の問題じゃないの。ラーメン屋に置いてないだろ寿司は

富:置いてあるものだったらいいの?

伊:いいよそりゃあ

富:じゃあ「ラーメンとメンマどっちにしようかなぁ〜」って迷うんならいいってことね

伊:いいけど……「ラーメンとメンマどっちにしよっかなぁ~」って迷って「メンマにしよ!」っていうことはないからね

富:なんでだよ。あるかもしれないだ…

伊:ないわ!

富:だから難しいって言ってんの

伊:何が?

富:チャーハンはいいけど寿司はダメとか,ラーメンとメンマは迷ってもいいけどメンマを選ぶことはないとか,注文のルールが難しいんですよ

この続きをみるには

この続き:1,232文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは,いろいろな漫才師のみなさんで当て書きさせていただいた漫才台本を集めたものです。マガジンなら,単体購入の約半額で購入できます。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際...

または、記事単体で購入する

[漫才] ラーメンの注文の仕方(当て書き:サンドウィッチマン)

藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「ストーリがあってオチが綺麗な漫才」がこの世の中からなくならないよう応援してくださるみなさんからのサポートをありがたくお受けしております。

いろんなものを落とすのがオチ屋です。運転免許は2回落としました
2

藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)

「普段の会話を漫才にする」という方法でしゃべくり漫才を書いています。ストーリーがあってオチが綺麗な一生使える漫才。夢路いとし・喜味こいしさんのような漫才。落語のような漫才。興味がありましたらご連絡ください。永久無料のアフターケア付

藤澤俊輔の「漫才台本」

作風は,ストーリーとオチがしっかりとした漫才です。台本のイメージに合ったコンビを勝手に想定し書かせていただいており,ほとんどが実際のコンビのネタではありません。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisaw...

コメント1件

後半部分はご購入して読みください。オチの落ち具合については,参考までに「いとしこいしこばなし」 https://note.mu/fujisawatrio/m/mbadad8f65a9e をご覧ください。だいたいこれくらい落ちます。

これはフリー台本ですので自由にお使いいただけますが,サポートしていただけると活動を続ける上でとても助かります。よろしくお願いします。

ご購入履歴:2019 3/10 4/14 20 2019 6/30
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。