日刊いとしこいしᴛᴡᴇᴇᴛ181205

古典落語はエキサイティングな保存方法だと思う。時代を超越するほどの名作を語り継ぎ,ブラッシュアップしながら,ネタを保存しつつ,語り手の成長にも資するのだから。漫才にも「新作」と「古典」があればいいのに…

▼昨日の「夢路いとし・喜味こいし」関連ツイートから選んだ17ツイート


漫才の仕事依頼はこちらから


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「ストーリがあってオチが綺麗な漫才」がこの世の中からなくならないよう応援してくださるみなさんからのサポートをありがたくお受けしております。

いろんなものを落とすのがオチ屋です。運転免許は2回落としました
2

藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)

2012年よりフリーの漫才作家としてネットで漫才台本を販売。プロの漫才師や落語家の方にも台本を提供。これまで台本を100本以上書いています。劇団によって演劇化された台本もあります。一生使える漫才台本を書きます(永久無料のアフターケア付) 漫才をこよなく愛する人を探しています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。