見出し画像

日刊いとしこいしᴛᴡᴇᴇᴛ181208

上沼恵美子さんのあのトーク,「漫才にすればいいのに」と思っていたら,ある日彼女は漫才師だと知り,妙に納得。漫才を見たらやはり天才的だった。相方問題があるから,一生漫才を続けるのは簡単ではない。

▼昨日の「夢路いとし・喜味こいし」関連ツイートから選んだ5ツイート


漫才の仕事依頼はこちらから



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「ストーリがあってオチが綺麗な漫才」がこの世の中からなくならないよう応援してくださるみなさんからのサポートをありがたくお受けしております。

毎日道端に落ちているネタを拾っては落としています。それがオチ屋です
1

藤澤俊輔 (漫才作家/オチ屋)

「普段の会話を漫才にする」という方法でしゃべくり漫才を書いています。ストーリーがあってオチが綺麗な一生使える漫才。夢路いとし・喜味こいしさんのような漫才。落語のような漫才。興味がありましたらご連絡ください。永久無料のアフターケア付
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。