父と自転車①

 小三の頃、北関東に引っ越してくる少し前から、父は自転車趣味に傾倒し始めました。

 父はお金に関してかなりうるさい人でした。母が数百円の口紅を買うにも渋い顔をし、病院の検査代を理由に母を叩くこともありました。好きに使っていいと明言されていた私たちのお小遣いも、いざ好きなように使うと、「無駄遣いだ」と横から文句を言われました。「好きに使っていいって言ったのに」と反論すると「誰が稼いだ金だと思ってるんだ」と怒鳴られる始末でした。

 しかしながら、父の自分に対する投資は惜しみないものでした。

 自分用のロードバイクは、欲しいものが我慢できず二台。一番目のものはせいぜい数万円でしたが、二台目は十五万円だか二十万円だかする代物でした。大学生になった時は、一人暮らしをさせてやる金なんかないと散々言っていたのに、「ゆきこが国立受かったから金が浮いたわ~」と七十万もする三台目の自転車を買っていました。月五万の仕送り一年分にゆうにおつりが返ってくる値段ですね。辟易します。

 その他にも、家に自転車を停めるためのポール、室内で自転車に乗るための器具、サイクルウェア、専用の靴、カスタマイズ用の部品など、自転車のこととなると、父は色々なものを躊躇なく買っていました。

 他人の出費には小さなものでも目くじらを立てるのに、父の態度の矛盾は甚だしいものでした。それを指摘したところで、「俺が稼いだ金を俺が使って何が悪い」と開き直る始末でしたが。

 自転車はリビングの一番よく見える位置に置かれました。邪魔で仕方ありませんでしたが、父がいないときなどは、よく憂さ晴らしに蹴飛ばしていました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。
6

ゆきこ

毒親から逃げてきた大学生。授業料画策中。エッセイ書いてます。https://kakuyomu.jp/works/1177354054887558822

家族に関する些末な話

取るに足らないけれど心には残っているもの。こちらhttps://kakuyomu.jp/works/1177354054887558822 「十九歳で家から逃げました」で番外編として紹介しているものです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。