ふじやん

国際協力NGO NESTEP|Baan Paganyo|Camino2020.ふじやんの大巡礼。|カレー狂会|日本焚火学会|写真撮人|山登人|旅人|書人|カレン族|好きなもの:珈琲、猫、カリー、焚火|好きなときに、好きなことを。好きなところで、好きな人と。

⑩連休を楽しく過ごしている人たちが忘れてしまっているたった1つのこと。

史上初の10連休も終わり、日常を取り戻しつつある日本。

初夏の某日、日本中に衝撃が走った。

【過労死100人超 10連休】
【連休明け 全国で自殺相次ぐ】
【10連休であらたにうつ病20万人か】
約2兆円という経済効果を生み出した裏には多大な犠牲があったのだった。。。

これはもちろんフェイクだが、今の日本ならありえるのではないか。

この10連勤【注:世間一般でいうところの10連休】は、

もっとみる

来月、仕事を辞めることにした。

好きで始めた仕事も嫌いになることがある。

好きで付き合って、結婚してから、
相手の嫌な部分、知らなかった部分をみて
嫌いになることだってあるだろう。

でも、とりあえずやってみないことには
わからないことだらけだ。

初めはもって3か月と考えてたけど、2年半もいた。

辞めるタイミングを逃して、だらだらしていたとこのざまだ。
他に行くところがないからと、だらだらしていた。

好きな人に告白もした

もっとみる

僕はどう働けばよいのか。

上司がいると仕事しづらい。

部下がいると仕事しづらい。

ひとりで仕事してるとさみしい。

結論。ヒノノニトン。

誰かと暮らすということ。

【結婚する】というより

【誰かと暮らす】ことに重きを置いて

生きていくことを考えると少し楽だ。

プレッシャーやしがらみ、

焦りから解放されると同時に

自分が思い描く【幸せ】を表現するには

ちょうどよいと思う。

愛にはいろんなカタチがあって、

それを受け入れるよう

社会が熟成していくのを願っている。

失恋癖がついた。

どうやら癖がついてしまったらしい。

もうこれで5度目である。

「別れる」という意味での失恋ではない。

「告白前撃沈型」である。

どういうことかというと、

「告白前にその人に恋人ができてしまい告白すらできないまま、
片思いの状態で終わってしまうこと」を指す。

遅いのだ。いつも。

これはちゃんと自覚している。

恋をしている。片思いの時間がいとおしくて、
付き合ってもないのに、付き合って

もっとみる

恋人ができたらやってみたい10のコト

①一緒に山に登る

いつも一人で山に登っているから、景色とか、植物とか、いろんなことを共有したい。

②バドミントンをする

ささやかな夢だ。どこかひろい原っぱとか、
河川敷とか、街中の小さな公園とかで。

③一緒に朝ご飯を食べる

モーニングのおいしい喫茶店かな。長崎だと富士男とか。
とくに会話するわけでもなく静かな1日の始まりを共有したい。

④ボーリングに行く

相手が強いほうが燃える!

もっとみる