ファッションビジネスの情報収集がしたいならフォローしておくべきTwitterアカウント15選

ファッションの専門講師をしていると決まって学生から聞かれるのが、

「いつもどうやってファッション系の情報収集してるんですか?」

という事。最近はweb上に様々なメディアが乱立しているので情報過多すぎて、若者もどこから情報を得たらいいか迷っているようです。個人的にはwebを閲覧している大半の時間はTwitter上に生息しているので、情報収集ももっぱらTwitterを使っています。その中でリアルでもお付き合いのある情報通の方々や、数年Twitterを使い続けて知り合った方を中心に情報を得ているのですが、学生からのリクエストもありましたので代表的な方々を記載しておきたいと思います。ファッションと一口に言っても職種は様々ですので、やや偏りはあるかと思いますが。


<ファッション業界全般>


ファッション業界のライターとして活躍中。業界の圧倒的な知識量と鋭い考察から、執筆されているブログには毎日多くのアパレル業界人・経営者からのアクセスが。fashionsnap.comにも転載されるので実は見た事がある人も多いのでは。業界内でのコネクションも豊富なので、多くの人が知り得ない情報にも精通しています。

言葉にエッジが効きすぎて萎縮してしまう人も多くいるかもしれません。初めてTwitterでお声をかけられた時はどつかれるんじゃないかと本気で思った次第です(笑)政治系ツイートが半分を占めますが、この際なんでファッションと一緒に政治も勉強してしまいましょう。



ツイート数が非常に少なく、ごくたまにしかつぶやかないのですが、そのたまにやってくるつぶやきがめっちゃレア情報だったりします。いやホントいつも爆弾落としすぎ…。

投稿頻度が低すぎるので見落とさないようマメにチェックしておきましょう◎


<MD>
佐藤正臣さん

MDと言えばこの人。細かな数値管理と経験則から導き出される予測は、上場企業の決算報告から企業の内情を丸裸にしてしまうほど高い精度を誇ります。アパログや繊研プラスで随時発信する佐藤さんの情報は、経営やMDを志すものなら必見でしょう。業界の裏話も詳しく、仲良くなるとレア情報をこっそり教えてくれます(笑)

自虐ネタはほどほどにしてください。。


<経営>

ヴァンキッシュやFR2といったブランドを運営する「株式会社せーの」の代表石川さん。ご自身の経験に基づくブランド運営のお話はファッション業界にとって超貴重。

【インタビュー】せーの代表 石川涼「ファッションは終わり、感動するものだけが残る」

数年前の記事ですが、見事に今起こっている事を当時から予言しています。先見の明がすごい。

本質的なコメントも流石。才能溢れる天才型の人かなーと思っていたんですが、結構な修羅場をくぐって努力してきた方のようで、言葉の重みを感じます。



「シンデレラバスト」というバズワードで一躍有名になった、株式会社ウツワ代表のハヤカワ五味さん。今や3ブランドを展開しており、ブランドの設計が非常に秀逸。なのにまだ大学卒業したてとか、嫉妬してしまうほどの才能…。

本質を突くツイートは「ハッ!」と気づかされる事多数。

ご本人が書かれているnoteにはご自身が経験されたノウハウが凝縮されていて十分に元が取れる内容になってます。


<メディア関連>

ファッションメディア「ROBE」の編集長を務める佐藤さん。とにかくファッションに対する愛がすごい!ツイートから溢れ出るファッション愛は自分の初心を思い出させてくれるので、見ていて常に刺激になります。知名度低くても感度の高いブランドをピックアップしてくれるので、学生さんもめっちゃ勉強になるのでは?

こういった本質ついたツイートも非常に参考になりますね。


<販売>

元ポールスミスのトップセラーであり、経営者になった今も現場に立ち続ける販売のカリスマ。そのスキルは販売だけに止まらず、ファッションマーケティング・ファッションコントロール・webマーケティング・果ては講師まで務める、まさに業界のモンスター的存在。最近ではBMWの外部講師までこなしていました。

セールスに関わる考察では無類の強さ。直接対峙した時には「全て見透かされているのでは?」という心境にさせられます。web上ではおらおら感が強すぎて萎縮してしまう人もいるかもしれませんが会うと真っ直ぐでとってもいい人です(笑)

ブログタイトルから中々強烈ですね。あと、誤字脱字結構多いです(笑)


LINOさん

こちらもアパレル販売のスペシャリスト。販売におけるHow toから商品知識、ファッションクリエイションにおける考察まで幅広く網羅していて、業界入りたての販売員さんにとっては超ありがたい存在ではないでしょうか。センス溢れる言い回しも魅力の一つ。ファッションや販売に対しての愛と情熱がツイートからも伝わります。web上でもフレンドリーな方なんでわからない事を質問してみたら運良ければ教えてくれるかも?


<服オタク>

ねこぱんさん

謎のファッションオタク。その知識は業界トップレベルに詳しい人と遜色ありません。いや、マジでこんな詳しい人がお客さんで来たら結構大変なんじゃ…ってくらい。LINOさん級の販売員でないと対応できないかも。。

業界人顔負けのコメント。そんなねこぱんさんの周りにはやはりファッション業界人ばかりが集まってきます。最新トレンドのお話以外に新サービスもすぐお試ししているようなので、レビューがすぐ見れるのもありがたい点です。


<ファッションテック>

ファッション、特にwebやテクノロジー系に強い市川渚さん。ガジェット系はとにかく手を出すのが早く、そのレヴューをTwitterでしてくれるので自分の買い物の参考にもなります。ファッションビジネス全般にも非常に強く、ご意見がとっても参考になります。

こういうの見てサマリーポケット使い出したり、

シュプールの連載見てよくお買い物したりしています。アフィリエイトしてくれたらお賽銭したいくらいです。


<EC関連>

メガネスーパーのGMでECの統括をされている川添さん。横の繋がりも幅広く、とにかくECの知識が豊富!様々なアパレル企業の成功事例を熟知しているのでコンサルティングを受けたいアパレル企業もたくさんある事でしょう。

ベイクルーズからデイトナへ 100億円規模だからこそできるアパレルECの戦い方とは[前編]

上記のような対談やイベントへの登壇が多く、企業の看板的存在になっています。NewsPicksのプロピッカーもされているので、NP上でコメントを閲覧している方が多いのではないでしょうか。



お買い物大好きな野田さんはECやLINEチャットボットの事業を運営されている株式会社 FANATICの代表。自身のブログにカート機能まで付けるぶっとんだ発想、経験に裏打ちされた貴重な情報は見るものを飽きさせません。

こういう細かい情報はとってもありがたい。。

川添さんも野田さんもこう見えて実はギャルブランドのECを担当していたようで。ギャル系ブランドがweb販売の草分け的存在だった事が原因のようです。


<ソーシャルメディアマーケティング>

WEGOのPRをされている丸本さん。「インフルエンサー」という言葉が世に浸透する前から既に、インフルエンサーを自動生成するような仕組みを作り上げていた恐るべき手腕。ファッション業界ではソーシャルやインフルエンサー関連で第一人者と言っていい存在です。もはやご自身もインフルエンサーみたいなもの。そしてそのノウハウが凝縮されたnoteは必見です。更新頻度も高いのに貴重な情報が詰まってます。

これ無料とかマジでありがたい…。


<クリエイター>

MISTER TAILERのデザイナーであるARAIさん。ファッションクリエイションって言語化するのが難しくて、多くの人の批評が僕の頭脳では解読不能な中(僕の頭が悪いだけかも。。)、ARAIさんの言葉は非常に論理的でわかりやすい。特にコレクション時期になると解説付きで投稿してくれるので、わざわざwebメディア見にいくのが面倒な人にはとっても便利です。

執筆されているnote「AFFECTUS」が特におすすめ。

 エモーショナルな文章も得意なので長文でも引き込まれます。



謎のアイコンで困惑するかと思いますが、れっきとしたファッション業界人です。本業はデザイナーですが、企画からマーケティングからオールラウンドにこなすそのスキルは、はっきり言ってファッション業界の超逸材。クリエイター系の人って普通、ビジネスそんな強くない人多いんですが彼女は例外です。

これでまだ20代なので末恐ろしい。。

このあたりは10代前半レベル(笑)

--------------------------------------------------------------------

※追記

kosoさん

プロフィールがほとんどありませんのでどういう方かは存じておりませんが、海外事情に超詳しく海外メディアの英字の情報も簡単に訳してツイートしてくれるので、コレクション情報や外資系企業の状況を把握するのに非常にありがたい存在です。



僕自身はファッションビジネスに偏りすぎた人間なので、クリエイター系のアカウントはそんなに詳しくないです。今回は15人ほどピックアップさせて頂きましたが、「この人忘れてる!」というご意見ございましたらどんどん追記していきますので、ご連絡お待ちしております。ファッション業界の情報収集にお役に立てれば何よりです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

65

深地雅也

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。