「全員、トンチキ。」、“不倫ドラマ型コント”という新ジャンルを築いた「黄昏流星群」が我々に教えてくれたコト

新ドラマはひと通りチェックする私だが、この秋一番気になったのが「セカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋を描くドラマ」と宣伝されていた「黄昏流星群」である。番組公式ページには「人生の折り返し地点を通り過ぎた男と女が図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋、その恋を取り巻く大人たちの人間ドラマ」とあった。まさしくターゲットにドンズバ世代の私なので、観ないわけにはいかない。最近、リアルではめっきり色恋から遠ざかっており、たまに胸がドキドキしたと思えば不整脈という状況なので、せめてドラマにでも浸ってときめきたいと思ったのだ。

ところが、第1話で早くもその目論見は打ち砕かれる。不倫ドラマと聞いていたので「金妻」や「昼顔」のような悲しくも切ないラブストーリーを期待していたのに、フタを開けてみれば、往年の大映テレビを彷彿とさせる見事なトンチキドラマだった。とにかく、演出が珍妙。たとえば、主人公・瀧沢

この続きをみるには

この続き:2,138文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

現在放送中のドラマについてのコラム集です。このマガジンをご購入いただくと中の記事は読み放題。現在24本。不定期更新です。

または、記事単体で購入する

「全員、トンチキ。」、“不倫ドラマ型コント”という新ジャンルを築いた「黄昏流星群」が我々に教えてくれたコト

深爪

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32

深爪

現在放送中のドラマについて語ります

現在放送中のドラマについてのコラム集です。このマガジンをご購入いただくと中の記事は読み放題。現在24本。不定期更新です。

コメント4件

黄昏流星群途中から見始めたのですが、深爪さんのノートを見てはじめから見ていれば良かったと強く後悔しました笑
完治の娘が完治と栞に説教している場面もいろいろとブーメラン発言ばかりで面白いです。
最後山登れると良いですね…
tarou_tarou_abonさま
家族全員不倫、というありえない状況ですべてが進行していくのでもうブーメランの連続ですよね。いよいよ明日は最終回。私はもう山に登れるのかという点しか気になってません(笑)
久々の投稿に興奮しました!黄昏流星群は観ていませんでしたが、平泉成、風吹ジュン、柴田理恵あたりがリアルなのになぁと思っていました。また、来季のドラマでの投稿も楽しみに待ってます!!
oyuckeyさま、
平泉成、風吹ジュン、柴田理恵の黄昏流星群、めちゃくちゃ面白そうです。
ドラマコラム、ずっと停止しており申し訳ございません。現在、活動をオンラインサロンに移しており、コラムもそちらで随時投稿している状態です。来年一月から新規オープンしますので、もしご興味があればご覧くださいね。https://lounge.dmm.com/detail/1449/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。