ただの無名一般人である私が、一流週刊誌「女性セブン」で3ページに渡るコラムを書いたお話

先日の「ただの無名一般人である私が、雑誌のインタビューを受けたお話」に続く自慢シリーズ第2弾でございます。とにかく自慢となっております。

ある日、noteから「ユーザーからお問い合わせがきています」というメールが届いた。中を見ると「小学館女性セブンSと申します。お仕事の話をさせていただきたいので一度お会いしたいのですが、ご都合はいかがですか」という内容だった。会社からではなくgmailからの送信だったので、私の尋常ならざる承認欲求につけこみ「一流週刊誌でのお仕事」というエサをぶら下げて私のカラダを狙おうとするいやらしい男からの詐欺メールに違いないと思ったのだが、やはり己の尋常ならざる承認欲求には勝てず、具体的な日時と場所を指定したメールを返してしまった。こうなったら腹を括るしかないと、全身のありとあらゆる毛の処理をしていたところ、小学館のドメイン入りのメアドで「当日楽しみにしています」と返信が来た。どうやら小学館の社員であることは間違いないようだ。しかし、絶対に私のカラダを狙ってるはずという疑いは消えず、当日も勝負パンツを履いて指定の喫茶店に出向いたのである。

この続きをみるには

この続き:2,093文字

ただの無名一般人である私が、一流週刊誌「女性セブン」で3ページに渡るコラムを書いたお話

深爪

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

43

深爪

刺さったノートたち

印象に残ったnotesを追加していきます

コメント16件

コメント失礼します。
深爪さんの記事を読むのがもはや癒しになりつつあるのですが…
今回の記事は、また充実した内容ですね。
自分の足りなかった部分を素直に見つけられて、向上する深爪さんが、本当に大好きです。
深爪さん語録書籍化を夢見て、応援してます。
あい吉さん、もったいないお言葉です。私なんかの記事でもお役に立ててるかと思うとやりがいがでます。本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします!
深爪さんは読ませる力がありますよねぇ。初めてnote読んだ時の衝撃たるや。
私が日本在住だったら女性セブン買って1人でニヤニヤいひいひ言って読んでただろうに・・・残念です
文章のキレが素晴らしいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。