なぜ人は本を出すと宣伝botと化すのか

それまで面白ツイートで楽しませていたアカウントが、本を出した途端、宣伝botと化す様を私は幾度となく見てきた。自著に対する絶賛ツイートをリツイートしまくり、何の脈絡もなくすべてのツイートにAmazonの購入リンクを貼る。オモシロに命を懸けていた人間がカネに命を懸けるようになる姿は悲しくも滑稽であり、いたたまれずフォローを外すことも少なくなかった。ああにはなりたくない。そのたびに強く心に誓ったものである。

そんな誓いも虚しく、私も宣伝botに成り果ててしまった。ミイラ取りがミイラとはこのことである。まったくお恥ずかしい次第である。

しかし、自分自身が本を出すことになって、私は大きな勘違いをしていたのかもしれないと気付いた。私は宣伝botと化した彼らを「カネの亡者に成り下がった」と解釈していたのだが、それは少し違うのではないかということである。

今回、本を出すにあたって、私はいろいろな人たちと関わってきた。電子書籍部門の編集者さん、紙部門の編集者さん、デザイナーさん、そして、帯に推薦コメントを書いてくださったGLAYのHISASHIさん、HISASHIさんのマネージャーさん。私の原稿を商品にしてくださった方々である。

もちろん、たくさん本が売れて印税でウハウハしたいという気持ちはあるが、それよりも、私の文章に目を留めてくれた編集さんや推薦してくださったHISASHIさんの期待を裏切りたくないという気持ちが遥かに大きいのである。彼らをガッカリさせたくないのだ。

だから私は、血眼になってエゴサをして、自著に対する絶賛ツイートを探し出してはリツイートをし、ことあるごとにAmazonのリンクを貼るのである。自身の美学には反するが、それもこれも私の本を作ってくださった方々の期待に応えたいがゆえのことなのである。

宣伝botと化したアカウントも少なからずこういう理由があったのではないかと今では思える。

新作のキャンペーンで来日したハリウッドスターがZIPポーズをするのも、佐藤浩市がプロモーションの一環で道端で映画のビラ配りをするのも、すべて自身の作品に関わってきた人たちに報いるための行動なのだと思う。たくさんの人の生活がかかっているのだから、なりふりなぞ構ってられないのだ。

長々と言い訳をしましたが、初の紙書籍「深爪式 声に出して読めない53の話」(11/2発売)は、「深爪な愛とセックスのはなし」「深爪な家族と人生のはなし」の2冊をまとめ、電子書籍約1冊分の書下ろしを加えた自信作にもほどがある作品なので、是非、お手に取っていただければ嬉しく思います。

何卒よろしくお願い申し上げます!

深爪

PS ここ数か月、書籍向けの執筆作業が忙しく、全くnoteの更新ができず本当に申し訳ない限りです。今後は時間を見つけてドラマのコラムやシモの話など、随時更新していきたいと思っておりますので、今後とも生温かい目で見守っていただければ嬉しいです!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

99

深爪

Books

コメント13件

購入いたしました!深爪さんが宣伝botになるのは、あくまでも善意というか自発的なものだと思うのですが・・・ハリウッドスターのZIPポーズや、佐藤浩市さんのビラ配りは、“契約に含まれているから”じゃないかな、と。現実的過ぎて、すみません・・・
購入しましたー!Amazonが不調だったようで、DMM電子書籍で。DMM使ってるあたり、私は単なる欲求不満のエロ主婦…。ご両親の話は何度読んでもウッってきます。私の父もなかなかのクズですが、不思議なもので自分が若いときは許せなかったことが許せるようになってきました。ババアになるのも悪くない。ホントそうですね。しかし玉袋の話が強烈過ぎて5歳の息子の玉袋を興味本意で触ってしまいましたよ…。
購入しました!下ネタ部分でゲラゲラ笑い、後半は考えさせられ大満足です。エゴサは辛くも楽しく中毒性が高いですよね。
オナニーでは声を出さないから喘ぎ声は日本人の奥ゆかしさという論説に大納得で雷に打たれたようでした。もし今後、深爪さんがコンテンツ展開するのならば是非恋愛相談を…
深爪さんに恋愛相談ができるのならアラサー童貞だった彼氏の、初セックスを終えた浮かれっぷりをどう諫めるのか見解を聞きたいです。例えば高校生がプリクラに「ガチ恋ずっといっしょ」と落書きしそうな程に浮かれている事の対処法など……是非恋愛相談をどこかで………… !!
らららさん、Kenjiさん、のんたま母さんさん、asah1031さん長らくコメントに気付かずすみませんでした!お買い上げありがとうございました!本当に本当に感謝です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。