見出し画像

【現代麻雀への道】62 麻雀漫画誌の誕生

心霊漫画家が描いた麻雀漫画第一作

世の中に星の数ほどある漫画誌でも、きわめて特殊な存在である麻雀誌。これほど扱う対象を限定した漫画誌は、他にエロ、パチンコ、パチスロくらいだろう。

この偉大(?)なる麻雀漫画誌が、どのように生まれて、現在のような竹書房の独占に至ったのか。今回はそんなテーマを扱ってみよう。

麻雀漫画「誌」が生まれる前には、当然ながら麻雀漫画の誕生があった。

初の麻雀漫画「發の罠」が描かれたのは昭和44年のことだった。掲載したのは「プレイコミック」誌で、作者は後に心霊漫画の巨匠となるつのだじろう氏。

これがなかなか読ませる一品に仕上がっており、これならいけると判断した編集部は、次なる麻雀モノの作者として、手塚治虫の虫プロに在籍していた北野英明氏に白羽の矢を立てたのだった。

まもなく阿佐田小説を漫画化した「牌の魔術師」が発表され、それは期待を上回るモノとなっていた。読者から好評を得たのはもちろんのこと、闘牌シーンを入れる手法までこのとき早くも確立されていたのである。それから10年あまり、北野氏は麻雀漫画の帝王として君臨する。

こうして麻雀漫画という鉱脈が発掘されたわけだが、その功労者は「プレイコミック」であり、すなわち秋田書店だった。このとき竹書房はまだ存在せず、創業されたのはその1年後のことだったのである。

画像1

※この文章だけ単品で100円で買えますが、このシリーズ39回(本1冊分)がマガジンで1000円となっています。

この続きをみるには

この続き:778文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
今から振り返っての追記も付いてます。 知っても役には立たないけど、あなたの麻雀の世界を少しだけ広くしてくれるかも?

太古の昔に『近代麻雀ゴールド』という雑誌に連載した麻雀史を語るコラムです。 第43回~84回。本1冊分くらいの分量です。 前半は歴史の...

または、記事単体で購入する

【現代麻雀への道】62 麻雀漫画誌の誕生

福地 誠

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ヾ(*´∀`*)ノ
1

福地 誠

フリーライター、編集者。麻雀の著書編著多数。麻雀以外の本に『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』(通称cis本)。第6期天鳳名人位。ニッカンスポーツ杯争奪スリアロトーナメント2015前期優勝。ネット麻雀・天鳳にて十段達成。東大教育学部を8年かかって卒。54歳。趣味はダンス。

現代麻雀への道2

太古の昔に『近代麻雀ゴールド』という雑誌に連載した麻雀史を語るコラムです。 第43回~84回。本1冊分くらいの分量です。 前半は歴史の話が多く、後半は現代の話が多くなります。牌譜の著作権、賭博罪、プロ制度、ゲーセンの麻雀機、新テクノロジーなど。 麻雀業界を外から見た他にない...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。