見出し画像

余白をください。それは余計なお世話です

拝啓
履歴書用の封筒の制作に携わっている方へ。(もしくは、コンテンツ制作に関わる全ての人へ。)恐縮ながら、就活生が感じたプロダクトへのニーズを報告させて頂きます。

単刀直入に言うと、「御中」と、つけないでほしい。とにかく、あの部分は空白にしておいてほしい。

何故こんなことを言っているのかというと、この部分に私は「様」と書きたかったからだ。空白であれば「様」と書けたのに、そこには「御中」という二文字が図々しく鎮座していた。

ちなみに、これは大学の生協で買った履歴書で、ほとんどの人がこの履歴書を購入している。この履歴書封筒には友人もクレームを言っており、少なくとも私だけの感覚ではないことを予め書いておきたい。

確かに、「御中」は一般的だし、ありがたい側面もある。私も、これまでは偶然「御中」に対応する社名として宛先が指定されるケースが続いたけれど、今回に関しては、提出すべき宛先には人が指定されており、「御中」ではなく「様」とつけなければいけないというシチュエーション。

調べてみたら、「御中」と「様」を両立させることはマナー違反らしい。ということは、修正ペンで消すわけにもいかないし、もう「御中」という字の入った封筒は今回のケースでは使えないのである。

「御中」とか「様」みたいな、マナー違反の雁字搦めにも少し引っ掛かりを感じるが、デザインというかUXの問題というか、今回は兎に角、わざわざ「御中」をブチこんできた封筒のセンスに不満を感じている。

おそらく、制作側としては親切心で「御中」の二文字入れておいたのだろう。しかし、「御中」の二文字くらい書く労力は余裕で賄える。

親切心が仇に出て、ユーザーの望む余白を殺し、プロダクトとしての満足度を下げている事例。その一つとして、「御中つきの履歴書封筒」が存在してしまったのだと思う。

方眼紙よりも自由帳の方が良いと言うつもりは無い。自由帳より方眼紙の方が有難い場面もあるからだ。つまりは、意図を持った制約なら良いけれど、意図を持たない制約は人を困らせるだけという話である。

ユーザーの選択肢を考えて、コンテンツに余白を残してみませんか。一人のユーザーであり、コンテンツ制作にも関わるものとしての、履歴書への提言は以上です。

敬具

#コンテンツ会議 #コラム #日記

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。頂いたサポートは、他のクリエイターさんの応援につなげていこうと思います。そうしたクリエイター同士の経済応援の循環が出来ると良いですよね。

わあ…!
29

山吹

ライター/イラストレーター山吹誘地のnote🏔1997生の信州人。書いたり描いたり撮ったり語ったり制作物をポートフォリオとしてマガジンにまとめています。(2020.4〜依頼受付休止)連絡先→ yamaoide@gmail.com (旧名:ずけ)

【日記】 #七転八倒録

日々の新たな発見や教訓を綴った日記。生活の断片を凝縮した呟きの記録。日常イラストは #双六日記 、 筋トレ系は #貯筋生活 、 庭の様子は #庭日記 無作為で無意味な写真の供養は #日常断片写真で更新。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

「御中」と書くんだよ と教えられて表書きの下に「wont you」と書いた人がいました。私じゃないよw
ナランチャさん

wont you! ある意味、ストレートで良いんですけどね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。