生き方上手は死に方上手

そもそも、「生き方上手」とは何だろうか?

人は、限られたエネルギーの中で行動を選択していく。

時に、無闇にエネルギーを使いまくって人生の「浪費」をしてしまうことがある。

これを最小限に留めて、自分が「必要」だと思う行為や「好きだ」と思える行為だけにエネルギーを集中できること。

端的に言ってしまえば、これが「生き方上手」なのではないだろうか。

じゃあ「死に方上手」とは何だろうか。「生き方」と同じように「死に方」も人それぞれだ。人はいつか死ぬ。平等に死ぬ。

死んで灰になれば皆平等。どんな大富豪も死ぬことは一緒。それでも尚、死に方を選べるとしたら、「良い」死に方をしたい。「死に方上手」になりたい。

具体的に言えばなんだろう。ブレスト的に挙げてみようかな。

例えば。孤独死をしないこと。家族に遺せるもの(遺産とか、教訓とか)があること。社会に対しても遺せるものがあること。

学校や会社で、良い仲間や、良い先輩後輩に出会えて、その縁がそのまま残っていて、忙しい中でも自分の葬式に駆けつけてくれること。

家族。配偶者が、子供が、親戚が、
あるいは孫が、親が、祖母が、哀しんで、愛おしんで、自分の人生を語ってくれること。

自分が生きた証を手に取って「あんなことがあったねぇ」「あの時はああだったねぇ」と話に花を咲かせて盛り上がってくれること。

自分が遺したものが、遺されたもの達に幸福を与えられること。

……私の中ではこういう答えが出た。

ここまで考えてみると、「死に方上手」の捉え方は、どれだけ善く生きられたか、どれだけ「生き方上手」だったのかという人生の結果発表みたいな形になってしまう。

「生き方上手」の定義は人によって違う。自分がさっきまで出した「生き方上手」の例は、あくまで自分にとっての「生き方上手」であって、これを読んでいるあなたの「生き方上手」ではない。

でも、それでいいと思う。生き方だって、幸福だって、人それぞれなのだから。

従って「死に方上手」かどうかの判断基準も人それぞれになる。判断基準は生きているうちに自分で考えるしかない。

一般論があった方が、考えたくない人にとってはラクチンかもしれないが、結局の所、やはり自分で考えるしかなさそうだ。そういうものなのだ。

良い死に方をしたかったら良い生き方をするしかない。

結局、めちゃくちゃシンプルな話で、因果応報だ。良い行動は良い結果になって帰ってくるし、逆もまた然りだ。

死んだときに、三途の川かどこかで、人生の採点をされるならば、そこには赤ペン先生はいない。自己採点だ。

自信をもって自分に花丸をつけられるように、今日も私なりに「生き方上手」とはなにかを考えていこうと思う。

#コラム #死生観

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。頂いたサポートは、他のクリエイターさんの応援につなげていこうと思います。そうしたクリエイター同士の経済応援の循環が出来ると良いですよね。

コメントも是非…!
29

#山吹誘地

【コラム】#春夏秋冬論

感じたこと思ったことを平成生まれの視点で徒然と書き綴る創見の文集。その時々にしか感じ得ない思索の提示。振り返った時に色鮮やかな正弦波が描かれていますように。四季のように考えは移ろいます。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

そんな言葉を頂けると、こちらもライター冥利に尽きるというものです。是非、今後の人生に活用くださいませ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。