指田菜穂子 十二支

「百科事典の絵画化」に取り組んでいる指田菜穂子の5年ぶりの個展。特定の言葉から連想される古今東西あらゆるイメージをひとつの画面に凝縮させる画風で知られているが、...

0

指田菜穂子

指田菜穂子が取り組んでいるのは、「百科事典の絵画化」である。共通しているのは中国の年画のような華やかな色彩だが、一つひとつの絵には、「酒」「箱」「糸」「子ども」...

0

川田淳 終わらない過去

辺野古が怒りに震えている。日本政府が沖縄の民意を蔑ろにしながら米軍基地の移設工事を強行しているからだ。このような「本土」と「沖縄」のあいだの非対称性は、確かな事...

0

芸術の先へ、芸術の前へ ボルタンスキー《心臓音のアーカイヴ》について

爆裂する心臓音──。ボルタンスキーの《心臓音のアーカイヴ》を一言で言い表すとすれば、こうなる。耳を劈くというより全身を打ちのめすほどの大音響が、とにかく凄まじい...

0

クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス さざめく亡霊たち

宇多田ヒカルの新譜『Fantôme』(2016)が、すばらしい。アルバムの随所に漂っているのは、文字どおり、幻の気配。歌詞から察すると、それが2013年に亡くなった彼女の母、...

0

[報告]淺井裕介天井壁画

現在、アーティストの淺井裕介が中国で天井壁画を制作中です。先日、わたしは現場を視察してきたので、その様子をここでレポートします。 場所は重慶市の武隆。「中国南方...

0

指田菜穂子 十二支

「百科事典の絵画化」に取り組んでいる指田菜穂子の5年ぶりの個展。特定の言葉から連想される古今東西あらゆるイメージをひとつの画面に凝縮させる画風で知られているが、...

0

指田菜穂子

指田菜穂子が取り組んでいるのは、「百科事典の絵画化」である。共通しているのは中国の年画のような華やかな色彩だが、一つひとつの絵には、「酒」「箱」「糸」「子ども」...

0

川田淳 終わらない過去

辺野古が怒りに震えている。日本政府が沖縄の民意を蔑ろにしながら米軍基地の移設工事を強行しているからだ。このような「本土」と「沖縄」のあいだの非対称性は、確かな事...

0

芸術の先へ、芸術の前へ ボルタンスキー《心臓音のアーカイヴ》について

爆裂する心臓音──。ボルタンスキーの《心臓音のアーカイヴ》を一言で言い表すとすれば、こうなる。耳を劈くというより全身を打ちのめすほどの大音響が、とにかく凄まじい...

0

クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス さざめく亡霊たち

宇多田ヒカルの新譜『Fantôme』(2016)が、すばらしい。アルバムの随所に漂っているのは、文字どおり、幻の気配。歌詞から察すると、それが2013年に亡くなった彼女の母、...

0

[報告]淺井裕介天井壁画

現在、アーティストの淺井裕介が中国で天井壁画を制作中です。先日、わたしは現場を視察してきたので、その様子をここでレポートします。 場所は重慶市の武隆。「中国南方...

0