no title

人の気持ちを変えることが、同じ意思を持って何か1つのものを続けていくことが、どれだけ大変なことか。毎回毎回思い知らされる。

時間の感覚は、想像以上に人それぞれだ。まだ「25歳」だよ、これからだよという考えもいれば、もう「25歳」と考える人もいる。前者だろうが後者だろうが問題ない。そのあとに浮かぶ言葉がポジティブであれば。ただ、そういう考えを持てる人間のが圧倒的に少ないから、大変なんだろう。

今回の脱退の件、年末から話は出ていた。前のブログで12月頃書いていたことは、まさにこのことだった。「まだやれることはたくさんある」と一度は誓って踏ん張る。そして半年たち先月、もう一度同じ話が飛び交う。

当時、僕が思っていたなんの根拠もない自信は、本当に実現した。2019年に入り、今に至るまで想像以上の関係者の方々にサポートして頂いてる。もちろん、明るい話ばかりではないことは間違いない。

上がり調子といえど、自分たちの目指すところを考えればまだまだだ。特に今年は、名古屋より県外が多いのでとても思い知らされる。どんな辛いことがあっても「一瞬の楽しさ」のために続けることができなければ、「好きなことで生きていく」のは難しい。

僕に関しては「どうしても続けてほしい」とは言えなかった。人の気持ち、特にこうしたネガティブな気持ちを変えることは非常に難しいからだ。

見方によっては少し冷酷だが、一番優先すべきは「FUMES」。「FUMES」が自身の人生においてもっとも重要な位置でなければ、共に活動を続けていくことはできないと考えているからでもある。

それを本人も理解していたからこそ、僕はほとんど何も言わなかった。むしろ、残りの人生、音楽活動を「FUMES」に注いでくれる別の熱い人材を見つけ出すことが、何より「FUMES」を優先しての決断だったから。

あまりネガティブなことは考えず、残りのライブを楽しくやろうという方向に向かっている。とまあ、考えることが増えれば増えるほど、不思議と人はそれ以外の物事も上手くいかないもので。。。笑

音楽とは関係ないプライベートすら上手くいかなかったり、人間関係でギクシャクしてしまったりすることがある。これだけ勘ぐるタイプの人間と言っておきながら、感情的になってしまうこともある。

まだまだ弱い人間だし、子供だった。僕がリスペクトしている、ある日本のバンドの曲の「壊れたままで生まれてきたから、直す部分は沢山ある」という歌詞を思い出す。ここではあえて「まだ25」と言いたい。まだ25歳だから、ここから「FUMES」も僕個人も修理していく。

ここからはあえて敬語で話します。

今回はTwitterでメンバー募集をしました。「意味のない論争」「他人の愚痴」「誰かを冷やかす言動」全てが嫌でTwitterは好きではなかったです。それに、脱退報告とかそういうツイートほどいいねしたり、リツイートしたりする方々も多くて残念。

なにもよくないし、知ってほしくないじゃないですか!リリース発表等やMVをリツイートしてくださいよ!笑

まあでも、そんなことはごく一部で、それ以上に沢山のいい出会いやいい出来事がありました。今のFUMESは、SNSに助けられています。

だから、今回SNSの力を信じて募集しました。正直、意見のぶつかり合いや、悩みは想像以上にあります。嫌なことも必ずあります。それに、今年残りのライブも数を数えていくと、名古屋より県外が多い。正直、多忙になっていくのはこれからです。

ただ、それを乗り越えても僕たちと、好きな音楽でうまいラーメン食って、色んな場所、国に行って色んな景色を見に行ってくれる熱いメンバーを全力で探しますし、どんどん連絡してください。

応募してくれた方交えて、可能であればライブもスケジュールにぶちこむつもりです。やはりライブバンドである以上、ライブをすることで一番人間性もみれると考えているのと、FUMESはなにがあっても止まる気がさらさらないからです。

バンドというのは、必ず心臓部分に位置する奴がいます。「FUMES」で言えば、yusukeと僕です。
もう、宣言しておきます。「FUMES」はyusukeとhikaruがいる限り確実に解散しません。
「FUMES」はyusukeとhikaruが居れば死ぬことはないです。

僕は、yusukeと出会って「こいつとバンドをやれば必ず成功する」と思ったから再びバンドを始めました。それは今でも同じです。色んな方々のおかげでようやく最近「バンドらしく」なってきたようなものですから。

そして僕は自分でも思っています。「俺とバンドをやれば必ず成功する。」もちろん100%なんてものは有り得ない。しかし、口に出すことからすべては始まります。

そして、年内に必ず再び正規メンバーを揃えます。これを約束します。

もう一度言わせてください、全国規模で、「FUMES」でドラムを叩いてくれる方、まず連絡してください。遠くてもいいです、まず連絡してください。仮に遠方の人だとして、名古屋近辺に住む手段等は後でみんなで考えましょう。まず連絡してください。

最後に。FUMESでのmotokiの姿を少しでも多くみたいかたは、来週のこのライブ、ぜひみに来てください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。