高松 文恵

春を感じる日

陽射しが暖かい。空気はまだ少しひんやり。そのバランスがなんとも心地がいい。桜はよくやく私の出番だわと、華を咲かせて嬉しそうに着飾っている。 春だなぁと思わず口か...

両親との時間。違和感と幸福感と。

ただいま。 返事がない部屋に向かって呟いた。物音もなく「おかえり」も帰ってこない。しんとしていて、冷たい感じがした。 地元の福岡から両親がやってきて1週間わたし...

飛び立つ時期がやってきた

もしこの人生がひとつの劇だとしたら。 人はその時々でいろいろな「役」を演じ分けている。親だったり子供だったり。妻だったり友達だったり。すべてがその人の物語を作っ...