感じる、カラフル

確か中学生のころだったと思う。大好きな漫画があった。その中でとても好きなセリフがあって。

主人公に対して友人が言うんだ。

私はあんたみたいになりたい。
嬉しい時には笑って、悲しい時には泣いて、そんな当たり前のことが意外とみんなできなかったりするのよ。
あんたがみんなに好かれる理由が分かるわ。


人は「感じる」生き物。

小さい頃は、感じることも、それを表現することも、全てが自然と繋がっていた。

だけどいつしか、成長し、経験を積んで、

怒られたり悲しかったり辛かったり

そんなことから、感じることも表現することも、繋いでいた糸が絡まり、

感じることがどんなものかさえ

分からなくなってた。


感じる、を取り戻そう。

感じることは自由だから。

誰からも何からも邪魔されることはない。


私は感じる。

幸せだなぁって。

嬉しいなぁって。

惨めだなぁって。

めちゃくちゃ羨ましいなぁって。

情けないなぁって。

好きだなぁって。


感じる、を取り戻すと

人生に色が戻る。

こんなにもカラフルだったんだって。



2019年。

たくさん感じて、

人生にたくさんの色を描こう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

すっごくすっごく嬉しいです。ありがとうございます!
14

高松 文恵

スキマの読み物

いそがしい日常のちょっとしたスキマに、息抜きに飲むコーヒーのような、読み物になりたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。